SE(システムエンジニア)を簡単に解説!働き方、キャリアパス、必要なスキルは?

SE(システムエンジニア)とは

発展するIT・Web業界で、今後SEとしてキャリアアップを目指すにはどうしたら良いかと悩んでいる方も多いことでしょう。
また、そもそもSEとは何かをあまり理解してない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、SEの仕事内容や年収、また求められる能力や資質・要件などについて詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、今後SEとして長く活躍し、更にキャリアアップを果たすためのヒントが豊富に得られるでしょう。

SE(システムエンジニア)とは

SE(システムエンジニア)とは

システムエンジニア(以下、SEと呼びます)とは、各種ITシステムの開発・構築に際して、自社システムや取引先の企業に対してどんなものを作りたいか、どうしたいのかなどのヒアリングを行い、その要望に最適となるシステムなどを開発する職種を指します。

SEの仕事の概要としては、開発の現場において各種ITシステムの設計や、プログラミング開発などの業務を実施するとともに、必要な人員や予算などを導き出し、納期に合わせた進行管理を行うことが挙げられます。

また、システムエンジニアはプログラマーの上位職であるため、プログラマーのリーダー的ポジションでもあります。

SE(システムエンジニア)の仕事内容

SE(システムエンジニア)の仕事内容

SEの仕事は、顧客の要求から仕様を決定し、大まかな設計をするまでの、情報システム開発における上流工程を担当します。

その際、予算や人員、進捗管理などのマネジメント業務も大切な仕事内容となります。

企業や開発チームによってSEの仕事内容は異なることもありますが、SEが担当する上流工程は、要求分析、要件定義、基本設計、詳細設計などの業務から構成されます。

それぞれの業務の概要について下記に解説します。

要件分析

クライアントがどのようなシステムを求めているのかを、ヒアリングを通じて正確に把握し、また現場や関係者の意見から課題を見つけ、クライアントのニーズを分析します。

そして、プログラマーに何を作ってもらえば良いかを明確にして、具体的な指示を出していきます。

要件定義

クライアントの要求をもとに、システム全体の概要を明確にします。

顧客のすべての要望に応えることは難しい場合が多いため、システム開発に必要となる開発期間や費用を算出した上で、顧客の要求を具体的にどのように実現するか判断します。

基本設計

顧客のニーズを実現するため、システムの設計を行う工程が基本設計です。

要求分析や要件定義から導き出したデータをもとに、システムにどのような機能を持たせるのか、また表示方法や操作方法はどのような形で行うのか、などの仕様を決定します。

詳細設計

基本設計フェーズで決定した実装予定機能に対して、具体的にどのような技術や仕組みで実現するのかを設計する業務です。

プログラマーがプログラミングをするために必要となる、詳細の設計を行います。

SE(システムエンジニア)の働き方の形態

SEとしての働き方には、大別して社内SE客先常駐SEの2つがあります。

社内SEとは、自分が所属する企業のシステムに携わるエンジニアを指し、客先常駐SEとは、自分が所属する企業以外(外部)に常駐して働くエンジニアを指します。

SEとしての業務内容(使用する言語や環境・担当する技術領域など)は、社内SEも客先常駐SEもほぼ同様です。

社内SE

社内SEは、自分が所属する会社のオフィス内で勤務します。

社内SEの場合は、基本的に自分が所属する企業と社員として契約を結び、自社の上司や先輩社員から作業指示を受けながら業務を遂行します。

客先常駐SE

客先常駐SEは、自社ではなくクライアントのオフィスに出勤します。

自分が所属する企業と外部(クライアント)の常駐先企業の間には何らかの契約が交わされており、その契約の種類に沿って業務を遂行します。

場合にもよりますが、基本的には超大手企業のITシステムを構築する際は多くのエンジニアが必要とされる場合が多いです。

IT業界で一般的な契約形態としては、請負契約、準委任契約、派遣契約があります。

SE(システムエンジニア)にまつわるよくある質問

SE(システムエンジニア)にまつわるよくある質問

IT・Web業界において、SEと並んでよく耳にする代表的な職種がいくつかあります。

具体的には、プログラマーWebエンジニア、またSIerなどが挙げられます。

SEとそれぞれの違いについて、よくある質問への回答を含めて解説していきます。

SEとプログラマーはどう違いますか?

SEは、上述したとおり、クライアントの要望や要求に基づいてシステムを設計することが主な仕事です。

一方、プログラマーはSEの設計に基づき、個別のプログラミングを行うことが主な仕事となります。

イメージとしては、プログラマーが主としてプログラムの実装やデバッグといった作業を担うのに対し、SEは上流工程の要件定義や基本設計、詳細設計といったフェーズが中心になる点が両者の主な違いです。

このため、プログラマーとして現場経験を積んだ上で、 SEとしてのキャリアアップを目指す場合が多い状況です。

SEとWeb系エンジニアの仕事内容の違いは何ですか?

SEとWebエンジニアの業務内容は類似した部分があり、広義にみるとWebエンジニアはSEに含まれる職種と考えることもできます。

両者の違いを挙げれば、Webエンジニアの仕事内容は基本的にウェブページなどのWebシステムの開発に特化しているという点が挙げられます。

このため、働くうえで習得できるスキルや、未経験から転職を目指すために必要な能力などに関しても、両者にはやや傾向が異なる場合があります。

関連記事

みなさんは「Web系エンジニア」と聞いて、どんなイメージを持ちますか? 「仕事がきつそう」 「給料が高そう」 「需要がありそう」 こんな声が聞こえてきそうですね。 もしあなたがweb系エンジニアを目指している[…]

web系エンジニアはきつい?

Webエンジニアは、システムの構築や運用、またコーディングをメインに行う職種とされますが、SEもプログラムの設計といった比較的上流工程の作業に関わる職種である一方、SIerなどへの展開もあります。

両者の担当領域を区別することは難しい側面もあります。

SEとSIerの違いは何ですか?

SIerの主な業務は、企業のITシステムを構築・運用し、またサポートする仕事を指します。

SIerが属する業界の構造としては、大手SIerが企業からシステムの導入から保守・運用まで一括して請け負い、子会社や下請け企業と協力してシステムを完成させます。

その業務を細かく区分すると、個々の来歴などによってさまざまなバリエーションが存在するので、SEとは業務内容が微妙に異なります。

技術力の高いプログラマーやSEがステップアップとして志向する職種でもあります。

SE(システムエンジニア)に求められる能力

SE(システムエンジニア)に求められる能力

SEは、クライアントに直接ヒアリングを実施し、個々のニーズに合ったシステムの設計・開発を行います。

そのため、システムに関する専門的知識や提案力だけでなく、クライアント企業の専門知識やレベルに応じて説明する対応能力も求められます。

システムの制作段階では、プログラマーにも適切な指示を出し、責任を持って作業を進めていきます。このため、ある程度のマネジメント能力やリーダーシップも必要となります。

また、プログラマーの上位職であるシステムエンジニアの場合、プログラマーとは立場が少し異なっており、関わるメンバーも増えるため、それぞれと円滑な人間関係を保ちながら、業務を進めるためのコミュニケーション能力が求められます。

必要となる主な能力について下記に解説します。

コミュニケーション能力

SEには、この後述べる技術的能力はもちろん、コミュニケーション能力が欠かせない要素となります。

SEは、要求分析や要件定義の工程でクライアントの要求を正確に理解し、クライアントが抱える様々な問題に対する解決策をわかりやすく説明する必要があります。

また、プログラマーへの適切な指示を出せる能力やリーダーシップ、またチームをまとめるためにも、総合的なコミュニケーション能力が重要となります。

技術的能力

SEにとって、技術的能力は、クライアントにシステムの提案や説明をする際や、設計を行うために必要となるファンダメンタルな能力です。

プログラミングはプログラマーの仕事ですが、SEはプログラミングの前段階の設計を担当するため、プログラミングの基礎知識も身に付けておく必要があります。

当たり前ですが、ある程度の基本的な知識がないと指示する立場として活躍できません。

マネジメント能力

ITシステムを開発する際には、プロジェクト全体がタイトなスケジュールで行われることも多々あります。

業務が滞りなく遂行されるように、スケジュール管理を行ったり、また特定のプロジェクトメンバーに過度の負担がかかることを防ぎ、全体が円滑に運営できるよう、バランスの良いマネジメントを行う能力が求められます。

SE(システムエンジニア)の平均年収

SE(システムエンジニア)の平均年収

厚生労働省の賃金構造基本統計調査(令和元年)によると、企業規模10名以上の会社で働くSEの平均月収(定額の現金給与総額)は約38万円で、ボーナス(年間賞与その他特別給与額)の平均約113万円を合計した平均年収はおよそ569万円となっています。

SE全体の平均年齢は、これも同調査によれば38.8歳と、比較的若い年齢層が中心の職種であるといえます。

SEの平均年収を年代別にみると、20代で概ね400万円程度(395万円)ですが、30代では平均年収が500万円を超えています。

年収450万の手取りはいくら?実際の生活レベルも公開!
年収500万の手取りは約400万!?生活レベルから年収アップの方法までを解説

IT業界は慢性的な人材不足の状態で、年齢が多少高くても未経験で入社する人が多いので、年齢が高くてもキャリアが短く、平均年収が低い場合もあります。

SE(システムエンジニア)のキャリアパス

SE(システムエンジニア)のキャリアパス

エンジニアのキャリアパスとしては、一般的にはプログラマーからSE、そして更にプロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)というのが基本の構図です。

最近では、より一層専門性の高い知識を求められるケースも多くなっているため、PLやPM以外にもITコンサルタントITスペシャリストなどといったポジションを目指す人が増えている状況です。

このようになってくると自分の年収や生活レベルも大きく変わってくるでしょう。

プログラマーからのキャリアアップが一般的

一般的に、プログラマーとして業務をスタートしてから、次のステップとしてキャリアアップを目指す人は、SEを目標としている場合が多い状況です。

プログラマーの仕事は下流工程と呼ばれ、それぞれのシステムを実際に作ったり、日々の運用・保守業務などを主に担当します。

これに対して、SEはプログラムの設計と仕様書を作成するなど、情報システム開発における上流工程を担当します。また、予算や人員、進捗管理などのマネジメント業務を担当する場合もあります。

このため、必然的に下流工程から上流工程へ、すなわちプログラマーからSEへのキャリアアップを志向するのが一般的となります。

なお、プログラマーとSEを比較すると、年収面でも概ね100万円ほど差があるのが現状です。

将来はプロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネジャー(PM)へキャリアアップ

SEとして業務経験を積んだ後は、更に上位の工程を担当するポジションへのキャリアアップを目指すことになります。

こうした上流工程におけるマネージャーのポジションは、一般的にPM(プロジェクトマネージャー)と呼ばれます。

PMは開発現場の責任を負う立場として顧客との交渉を行い、人員・予算・納期といった、経営に近い立場の業務を担当します。

そして、プロジェクトを成功に導くための現場管理・マネジメントを主に担当するのがPL(プロジェクトリーダー)です。

PLは、案件ごとに必要な人員やスキル、また予算や納期といった社内リソースを考慮しながらクライアントに提案をしていくので、最終的なチェックを行う立場として重大な責任を負っています。

会社の規模によっては、PMがそのままPLを兼任する場合もあります。

PMやPLができるスキルがあればどこでも仕事ができるので、将来はフリーランスとしても働くことが可能であり、企業におけるキャリアパスとしても出世コースです。

関連記事

昨今人気のあるIT職ですが、IT企業ってどういったカテゴリーに分かれるのか? 転職の難易度は高いのか低いのか?転職活動の際、年齢はどのくらい影響するか? 会社規模や企業によって転職の難易度が変わってくるのか? 等々、IT転職を目指[…]

IT転職の難易度とは

最近はITコンサルタント、ITスペシャリストなどのポジションを目指す人も

SEからPL・PMまでキャリアアップを続け、知識や経験、技術やノウハウを豊富に培った後には、更に複数の領域に関わる仕事に挑戦したり、新しい業務にチャレンジしたりする機会が増えていきます。

こうしたステージでは、クライアントの戦略決定に直接関与し、貢献できるITコンサルタントビジネスコンサルタントを目指す場合もあります。

また、さらに高度な専門性を磨き、ITスペシャリストテクニカルエキスパートのポジションを目指す人もいます。

それぞれが目指すタイプによって、自分が将来身に付けるべきスキルも変わっていきます。

まとめ ~SE(システムエンジニア)を簡単に解説!働き方、キャリアパス、必要なスキルは?~

IT技術は日進月歩であり、またIT業界ではSEが恒常的に不足しているため、高度な知識やスキルを持つSEは引く手あまたの状況です。

有望な職種であるSEですが、その業務は多岐にわたります。

SEにはクライアントからの要求分析・要件定義や、基本設計・詳細設計などの基本的な業務内容が定義されており、社内SEと客先常駐SEに大別されます。

SEはまた、現場をまとめるリーダー的な役割を担うため、顧客の要望を聞き出すヒアリング能力や設計スキル、また基礎となる技術力やコミュニケーション能力、マネジメント能力など多くの要素が求められます。

SEの年齢層は比較的若く、平均年収も一定のレベルが期待されます。

そしてSEとして実績と経験を積んだ後には、更なるキャリアアップとしてPL・PMや、ITコンサルタント・ITスペシャリストなど、広範なステージが待ち受けています。

是非、SEとして成功を収めていただきたいものです。

転職エージェントおすすめ3 転職エージェントおすすめ1転職エージェントおすすめ2転職エージェントおすすめ3