Web系エンジニアはきつい?そう囁かれる理由とそれを覆す魅力について解説

web系エンジニアはきつい?

みなさんは「Web系エンジニア」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

仕事がきつそう

給料が高そう

需要がありそう

こんな声が聞こえてきそうですね。

もしあなたがweb系エンジニアを目指しているとしたら、仕事がきつすぎて辛いのであれば躊躇してしまいますよね。実際のところ一体どうなのでしょうか?

逆に、きつさ以上のメリットや魅力がたくさんあるのであればチャレンジしてみたいですよね。

そこで今回は、Web系エンジニアと一緒に仕事をしたことのある筆者が悪い部分から良い部分まで、詳しくお話しします。

この記事を読めば、Web系エンジニアがきついと言われる理由とそれを覆す多くの魅力について知ることができますよ。

Web系エンジニアの職種

Web系エンジニアの職種

一口に『Web系エンジニア』と言ってもいくつかの職種があります。

職種によって業務内容は全く異なりますので覚えておいてくださいね。以下で主に5つの職種をご紹介します。

バックエンドエンジニア

サーバ構築』と『サーバサイドプログラム開発』が主な仕事です。

ユーザーの目には見えることのない裏側の部分を担当する、といったイメージ。構築したサーバや、開発したプログラムなどの保守や運用を担当する場合もあります。

担当する業務の範囲は広く、Webサービス開発全般の知識を持っておかなければならないことも

GO、Python、C#、Javaなど、サーバサイドのプログラミング言語を使って仕事をするためこういった知識が必要になります。

バックエンドエンジニアについて詳しくはコチラ

関連記事

バックエンドエンジニアとして働く上で、将来のスキルアップや収入アップのためにどうすれば良いか悩んでいる方も多いことでしょう。 この記事では、そもそも、バックエンドエンジニアの意味とは?また、バックエンドエンジニアの仕事内容や年収、ま[…]

バックエンドエンジニアとは?仕事内容・年収について解説

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、バックエンドエンジニアとは逆でユーザーから直接見える部分の画面設計と開発を行います

Webデザイナーが制作したレイアウトや配色に合わせて、UI/UXの質を高めるために実装していくのが役割となります。

フロントエンドエンジニアの主な開発言語は、HTML、CSS、JavaScriptです。データベースなどを触らないので、サーバサイドプログラミング言語のウエイトは下がります。その代わり、JavaScriptのスキルが強く求められます

フロントエンドエンジニアについて詳しくはコチラ

関連記事

発展するWeb業界で、フロントエンドエンジニアとして成功するためにはどうすれば良いか悩んでいる方も多いことでしょう。 この記事では、フロントエンドエンジニアの仕事内容や年収、また必要なスキルや条件などについて詳しく解説していきます。[…]

フロントエンジニアとは

インフラエンジニア

組織の情報システムの基盤であるITインフラコンピュータやネットワーク、ソフトウェア、その他情報機器、外部の情報サービスなどの導入~運用、管理、さらには利用者サポートなどを一貫して行います

企業からの依頼を受けてプロジェクトチームを立ち上げ、作業に入ります。

クライアントがインフラに詳しいとは限らないので、まずヒアリングを行い、必要なシステムを見極めます。そして、予算や納期を踏まえた上で最適な機器やソフトウェアを判断します。

コミュニケーション能力が活かせるため、実は文系出身者でも活躍している方が多く、未経験からでもチャレンジしやすいポジションなんですよ。

iOSエンジニア

iOS(iPhoneなどApple社が提供する端末に搭載されているOS)環境で動くアプリを開発するエンジニアです。

システム設計やコーティングからテスト(検証)までを一貫して行うのが一般的。また、開発・リリース後も保守やユーザーからのフィードバックに応じて機能の改修・追加を行います。

iOSアプリのプログラミングスキルを身に着ける必要があります。具体的に必要となるスキルは『Objective-C』と『Swift』の2つです。Swiftの方が幅広く利用されているのでこれから学習する方はこちらがおすすめですよ。

Androidエンジニア

一方、Android OS環境で動作するアプリを開発するのがAndroidエンジニアです。

Androidと言えば、iOSと並ぶ主要なOSですね。業務内容としてはiOSエンジニア同様、アプリ開発~保守・改修を行います。

Androidアプリの開発にはJavaやKotlinと呼ばれるプログラミング言語を使用します。以前は『Android=Java」がメインでしたが、近年はKotlinを利用した開発が増えています

Web開発エンジニアとWeb制作エンジニアとの違い

Web開発エンジニアとWeb制作エンジニアの違い

この記事ではweb開発のエンジニアの話をしていきます。

はじめに、Web開発エンジニアWeb制作エンジニアとの違いとはなんでしょうか?名前こそ似ていますが必要なスキルや仕事内容は全く異なります。

Web開発

Web開発とは、WebアプリケーションWebシステムを作ることで、プログラミングやシステム設計に重きを置いています。PHPやRubyといったシステムを作るプログラミングスキルが必要です。加えて、Webの仕組みやWeb上で問題なく動かすためのインフラ知識も必要なので、人にもよりますが半年ほどは勉強が必要になってきます。

Web制作

Web制作とはHPやLP(ランディングページ)など、宣伝や広告を目的としたサービスを作ることを指します。必要なスキルはHTML 、CSS、JavaScript、Photoshopなど。また、ホームページ編集などにはWordPressと呼ばれるCMS(Contents Management System)をよく使用します。加えて、デザイン性やUI/UXのスキル、SEOやSNSの知識、顧客調査など、マーケティングのスキルも必要になってきます。

しかしながら、高い技術力は必要とされません。1ヶ月程度の比較的短い学習で一定の知識を身に着けることができます。そのため、クラウドソーシング等で副業とするにはもってこい。ただ、参入障壁が低いが故に低価格競争を強いられる、といったデメリットがあります。

Web系エンジニアがきついと言われる理由4選

Web系エンジニアがきついと言われる理由4選

さて、そんなweb系エンジニアのお仕事ですが、やはり『きつい』というイメージがありますよね。そう言われる所以はどのような部分にあるのでしょうか?

その理由を4つご紹介します

常に新しい技術を勉強し、成長し続ける必要がある

ITは日進月歩。新しい言語、技術が次々と生まれています。1年前の常識はもう時代遅れなんてことも珍しくありません。つまり、この業界で生きていくには常に新しい技術を勉強し、成長し続ける必要があるのです。

新しい技術が早いスピードで進化していく業界のため、過去・そして今の経験だけではなく、常にスキルアップする意識と、新しい技術にアンテナを張ることがキーとなるでしょう。知識をアップデートし、学び続けていく姿勢が大切なのですね。

実力主義の世界

Web系エンジニアの世界は実力主義です。出世や昇給などに学歴、年齢、性別などは関係ないと思っていて良いでしょう。『仕事ができる人』はどんどん昇進していきます。

Web系エンジニアの仕事、それはつまり、『プログラミングや設計ができるかどうか』ということですね。例えば大学を出ていなくても、プログラミングができる人はいます(独学やスクールで学んだ、など)。逆に、大学でそういったものを勉強したとしても、卒業後にエンジニアとは無縁の仕事に就いて5年も経てばもうその知識は時代遅れで使い物になりません。

また、看護師や美容師のように、専門の学校に通い特別な資格を取得する必要があるわけでもありません。エンジニアと聞くと『難しい専門職』のようなイメージを抱きがちですが、学歴や資格がいらないというのはエンジニアの大きな特徴です。そこで結果が出せれば何も問題ないのです。逆に言えば、結果が出せないと・・・と想像するとちょっと怖いですね。

納期や急な仕様変更が起こる場合が多い

実は私も過去にエンジニアの方と仕事をする機会がありました。

そこで感じたのは、『納期が厳しい』『急な仕様変更や改修が多い』ということ。「いつまでに急いでこの機能を取り入れたい」「この仕様の予定だったが社内会議で仕様変更になったので作り直してほしい」といったクライアントの要望にエンジニアの皆さんはいつも振り回されていました

クライアントと打ち合わせに始まり、システム設計、開発、レビュー、検証テスト、保守・改修などのテストなどをこなさなければならないため、かなりのハードスケジュールを強いられます。

プロジェクトが一段落するまではプライベートの予定も立てづらくなるため、仕事人間というイメージを持たれがちです。

単価が高い分、プレッシャーがある

需要が高い仕事であるため元々給与水準が高い職種です。フリーランスであってもスキルや経験があれば単価は非常に高くなります。これが最大の魅力ではありますが、単価が高いということはその分求められるものも高いということですね。

「クライアントの望むものを納期までに仕上げなければ」というプレッシャーが付きまといます。その結果、夜遅くまで仕事が終わらなかったり、開発が終わるまでは緊張感をずっと持続させていないといけなかったりと、心身ともに負荷が高くなります。

「きつい」と言われるWeb系エンジニアだが、それを覆す大きな魅力がある!

web系エンジニアの魅力

やはりかなりのハードワークのようです。でも、「やっぱり自分には無理」と決めつけるのはまだ早いですよ!

確かにきつい部分もある職種ですが、それ以上の大きな魅力があるからこそ従事している方が多いのです。Web系エンジニアの大きな魅力とは何か?順番に見ていきましょう。

大きな需要と将来性

Web系エンジニアという職種には、大きな需要と将来性があります。今やITは完全に社会基盤として定着しており、エンジニア人材不足が世界中で大きな問題となっています。これが数年程度で解消される気配はありません。

ITの進歩や自動化、AIの技術によって、私たちの生活は恩恵を受けています。しかし一方で、それにより職を奪われる人たちが出てくるのも問題視されています。

例えば、自動車が自動運転になったらタクシーやトラック運転手は必要ありません。人型ロボットがお店の店頭でお客さんを迎える風景も珍しくなくなりましたが、そうすると受付スタッフは必要なくなります。しかし、こういったシステムが普及すればするほど、それを開発しているエンジニアの需要はむしろ増えているというになりますよね。

今エンジニアとして活躍している方も、勉強中の方も、これからなろうと思っている方も、その将来性を不安視する必要は皆無です。

スキルが一度身に付けば、幅広い分野に適用できる!

エンジニア人材不足は世界中で大きな問題であると前述しました。ということは裏を返せば『そのフィールドは国内だけでない』ということになります。

プログラミング言語や技術は世界共通であるため、日本で習得した知識やスキルは海外でも通用します。英語が話せる通訳さんより、同じプログラミングができる日本人と外国人の方がコミュニケーションが取れる、なんてことはよく見る光景です。

また、様々な業界でITの技術が取り入れられていますから、webエンジニアのスキルは業界や分野を問わず需要があるということですね。どこにいっても活躍の場があるわけです。

自分が習得したスキルが業界や分野を問わず、さらに全世界共通で活かせるって大きな強みですし、自信にも繋がりますよね。

自由で柔軟性のあるワークスタイル

コロナ禍ですっかりリモートワークが定着しましたが、実は(特にweb系)エンジニアの業務は出社の必要が少なく、オンラインで完結できることがほとんどです。

エンジニアの皆様はいち早くリモートワークに移行できたのではないでしょうか?

これは、フリーランスで活躍しているエンジニアが多いことからも伺えますね。

また、需要があり将来性がある点は既述した通りです。このことからも年収がいい、転職しやすいという特徴があります。

IT業界の職種と年収のまとめはコチラ

関連記事

皆さんはIT業界に関する職種と聞くと、一体何をイメージするでしょうか? システムエンジニアなど、人によって違ってくるかもしれません。 IT業界に関する職種は多岐に渡ります。IT業界で仕事していくなら、一体どのような職種があるか[…]

IT業界職種大全

会社員という働き方に囚われず、自由で柔軟性のあるワークスタイルである点は大きな魅力でしょう。

業務未経験であっても短期間の努力で転職可能!

さて、web制作に比べweb『開発』エンジニアは少しハードルが高いことは冒頭でお伝えしました。しかしながら、その需要が非常に高いということもおわかりいただけたと思います。副業向きのweb制作ンジニアに比べ、web開発エンジニアは本業にすべき職種です。

業務未経験だとしても、数ヶ月~半年程度しっかり勉強して良質なポートフォリオを作り切れれば十分に転職可能です。将来的に高単価が期待できる職業の中でも、かなり「ジョブチェンジの実現性」が高いですよ。

将来性のある仕事に転職を考えている、給与水準をあげたい、と考えている方は、ぜひ選択肢の有力候補に加えてみてはいかがでしょうか。

まとめ ~Web系エンジニアはきつい?そう囁かれる理由とそれを覆す魅力について解説!~

Web系エンジニアのきつさと魅力についてお話してきました。

もしあなたがweb系エンジニアへの転身を考えているのであれば、ぜひチャレンジしていただきたいです。

未経験だから・・・

大学を出ていないから・・・

職歴が多いから・・・

こんなことは、web系エンジニアを目指すのに何も支障ありません。

また、web系エンジニアの中にもいくつか種類がありましたね。自分にとって一番向いていそうなものを選んでしっかり勉強すれば、難しいことはありません。

大切なのは、『仕事のきつさを知ること』そして、『学びを止めないこと』です。将来性、給与水準の高さ、働く場所や時間を選ばないワークライフバランスの両立・・・など、きつさ以上に魅力が際立つ仕事であることは間違いないでしょう。身に着けた知識やスキルは大きな武器となり、あなたの人生をより豊かなものにしてくれるはずですよ。

転職エージェントおすすめ3 転職エージェントおすすめ1転職エージェントおすすめ2転職エージェントおすすめ3