年収450万の手取りはいくら?実際の生活レベルも公開!

年収450万の手取りはいくら

年収450万円の場合、手取りはどのくらいになるかご存じでしょうか?

実は、思ったよりもずっと少なくなってしまうのです。

年収450万円あるとどのような生活レベルになるのか、どのような一人暮らしが送れるのか、はたまた結婚して子供ができたらまかなえるのか…?

今回は年収と手取りの疑問をまとめて解決できる内容を盛り込みました。

ぜひ最後までお付き合いください。

  • 年収450万は30代後半~40代前半のサラリーマンの平均的な年収
  • 年収450万円の人の手取りは約350~365万円が相場
  • 月の手取りを25万円とすると、自由に使えるお金は5万円程度
  • 日本の平均年収500万円を突破するには転職や副業がおすすめ
  • 転職で年収アップを狙うなら大手転職エージェントを利用するのが一般的
  • 転職エージェントなら業界最大手のリクルートエージェント が無難
  • キャリアアドバイザーが25万件以上の求人から理想の転職をサポート

>>> リクルートエージェント公式はこちら <<<

 

転職エージェントおすすめ3 転職エージェントおすすめ1転職エージェントおすすめ2転職エージェントおすすめ3
最初に読みたい!おすすめ転職エージェントランキング
初めて転職エージェントを利用する方・IT転職エージェント選びで失敗したくない方はこちらの記事がおすすめ。
関連記事

今回は総合的におすすめできる転職エージェントはもちろん、年代や業種ごとに活用していきたいIT転職エージェントについても細かく解説していきますので、転職を有利に進めたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。 […]

転職エージェント徹底比較

専門家の意見を交えておすすめ11社を徹底比較し、業種・業界・年齢・希望年収ごとのおすすめ転職エージェントもご紹介。

あなたに最適なIT転職エージェントがきっと見つかります。

年収450万の手取りとは?

年収450万の手取りとは

待ちに待った毎月の給料日。

実際に振り込まれた金額が「あれ?思ったより少ない!」と感じたり、

明細を見て「えっ、税金ってこんなに引かれるの?」と感じたこと、ありませんか?

会社員のお給料からは、税金(所得税と住民税)、その他社会保険料などが毎月の給与から控除されて振り込まれます。

そのため、1年間の総額ともなると大きな金額になります。

年収450万の手取り額は実際いくら?

では、年収450万円の人の手取りが実際いくらくらいなのかと言いますと、20~40歳の場合で約350~365万円ほどになります。

独身で年収450万円の場合、おおよそですが、住民税は21万2,000円、所得税は10万7,000円、社会保険料は64万円で、

 

なんと、手取りは354万円となります。

 

450万手取り額

 

また、独身の場合より、結婚して配偶者がいたり子供がいたりすると控除額があがります

したがって、手取りの金額としては少し高くなります。

配偶者がいる場合は360万円にギリギリ届かないくらい、

配偶者と子供が1人ずつの場合は360万ちょっと、といったところです。

年収450万のボーナスの計算方法は?

ボーナスの支給額は会社によって違うので、今回は以下の条件で計算します。

  • ボーナス:年2回
  • 年2回のボーナスがそれぞれ2ヶ月(計4ヶ月)

①ボーナスの金額を含めた月給を計算する

まずはボーナスを含めて月給がいくらになるのかを計算します。

ボーナスが4ヶ月分ですので、ボーナスを含めた場合の月給を逆算すると、以下のようになります。

450万円 ÷ (12ヶ月 + 4ヶ月) = 28万1,250円

つまり、ボーナスの金額を含めて月給を再計算すると、ひと月当たりで28万1,250円の収入となります。

②ボーナス4か月分の金額を計算する

先ほどの月給にボーナス月数を掛けると、ボーナスの金額が計算できます。

月給28万1,250円 × 4ヶ月112万5,000円

これで税金が引かれる前のボーナス金額が出せました!

 

実際はここから、所得税と社会保険料が差し引かれて振り込まれることになります。

税金の計算は非常に骨の折れる作業なので割愛しますが、当サイトで計算したところこの場合は社会保険料16万2,000円、所得税2万9,000円になりました。

従ってボーナスの手取りの合計額は以下のとおりです。

112万5,000円 - 社会保険料16万2,000円 - 所得税2万9,000円 93万4,000円

 

転職で年収アップを目指すなら!

業界最大級の20万件を超える求人が揃うリクルートエージェントがおすすめ。
ミドルからハイクラス求人まで、優秀なアドバイザーがあなたの実力を考慮した最適解を提案してくれます。

>>> リクルートエージェント公式はこちら <<<

>>> 他の転職エージェントをチェックする <<<

 

年収450万の生活は実際どんな感じ?

年収450万の暮らしとは

この年収450万という金額は、30代後半~40代前半のサラリーマンの平均的な年収です。

20代のうちは年収300万前後が多いですが、仕事で成果が出せるようになってくるキャリア層に入ると、この年収にのってきます。

では、果たしてその暮らしというのは困難極まりないものなのでしょうか。

それとも、贅沢さえしなければ問題ないレベルでしょうか。

この後、年収450万の実際の生活を紹介していきます。

年収450万の家賃相場はいくら?

家賃は年収の25%を目安にすると良いと言われています。

30%という説もありますが、これは景気が良かった頃の話なので、現代ではもう少し倹約すべきでしょう。

つまり、計算すると、年収450万の人の場合は9万円程度の家賃が適切ということになりますね。

東京に住んでいる場合、メジャーな駅の駅近物件だと少しオーバーしてしまうかもしれません。

年収450万から生活費を除くと使えるお金はどれくらい?

独身であれば余裕のある暮らしになるでしょう。

だいたい手取りが25万円程度と仮定して、そこから9万円の家賃を払い、生活費として約7万円4万円貯金するとしても、自由に使えるお金が5万円ほど残ります。

 

 

利便性の良い立地に住み、定期的な外食や友人・同僚との交際も楽しむ。

そんな、趣味や娯楽にお金を割くことができる生活スタイルが手に入ります。

しかしながら、家族がいるとなるとそうはいきません。

共働きであれば問題ないですが、専業主婦(夫)家庭や、お子さんがいるとなると、趣味や外食、娯楽に費やすお金はないと考えた方が無難です。

年収アップのために登録しておきたい転職エージェント

  • 業界No1!転職者の8割が利用する定番エージェント!非公開求人はなんと約10万件保有!エージェントとの面談で希望条件を的確に伝えよう
  • 国内最大級の紹介実績を誇る老舗の転職エージェント。10万件以上の豊富な求人から、あなたに最適なキャリアアップを目指せる!
  • 年収600万以上のハイレベルを目指す方の登録は必須!企業からのスカウト機能が充実しているので、大手企業からのスカウトが貰える可能性も!
  • 20-30代に強い転職エージェント。経験の浅い方や異業種への転職も、業界専任のエージェントがフォローアップしてくれる!

年収450万の理想的な貯金は?

一般的に手取りの約10%~20%を貯金している人が多いと言われています。

前述の通り、年収450万円だと手取りは360万円前後でしたね。

とすると、1年間で35~50万円、倹約家の人だと70万円くらい貯金できるというわけです。

これまであまり意識してこなかった人は、月々3万円~6万円くらい貯金することを目標に一度生活を見直してみるのも大事です。

実例|年収450万の具体的な生活を紹介!

Aさん(手取り27万円):独身、一人暮らし の場合

  • 家賃:8万円
  • 水道・光熱費:1万5,000円
  • 食費:3万5,000円
  • 通信費:1万5,000円
  • 趣味交際費:5万円
  • その他雑費:2万円
  • 合計:21万5,000円

趣味交際費で毎月5万円出費があるにもかかわらず、毎月約5万円は貯金できているので余裕がありますね。

Bさん(手取り30万円):既婚、子供ひとり の場合

  • 家賃:9万円
  • 水道・光熱費:2万円
  • 食費:4万5,000円
  • 通信費:2万円
  • その他雑費:2万5,000円
  • お小遣い・趣味:3万円
  • 教育費:5万円
  • 保険料:2万5,000円

合計:30万5000円

 

 

Aさんと全く状況が異なりますね。

Bさんがかわいそうになってきます。

貯金は0円で、同僚や高校・大学との飲み会も断りがち。

お子さんが小さいうちは奥さんも働けないので、なんとかやりくりしていくしかありません

 

月収が5万高い、年収500万の場合の手取り額はいくらになるのか。

こちらの記事では年収500万円の手取りと生活レベルはどんなものかを紹介しています。

ぜひ併せてご覧ください。

関連記事

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響もあり、多くの方が収入減少に苦しんでいる状況だと推測されます。 この記事では、 こうした状況下で年収500万円の収入に対する手取りはいくらなのか 年収500万円を確保するための方法 […]

年収500万の手取りは400万!?

 

後述しますが、年収を上げて生活レベルを向上させるには、思い切って転職を検討するのがもっとも期待値が高い方法です。

平均水準以上の収入を目指すなら、転職エージェントを利用するがマスト
と言えます。

あなたの強みを引き出して企業と交渉してくれるので、企業の求人に自分で応募するより好条件を期待できます。

初めて転職エージェントに登録するなら、求人数日本最大級のリクルートエージェントが無難。

大企業に太いパイプを持つ熟練のエージェントがあなたの強みを引き出しながら交渉。

ベンチャーからハイクラスまで幅広い企業から、あなたに最適な1社に出会えます

年収450万は低い?年齢や男性、女性に分けて解説

 

年収450万は低い!?男女・年齢別に解説

厚生労働省の調査によると、 世帯年収の平均は540万円程度とのこと。

つまり、年収450万円の場合は平均より100万円ほど少ないということになります。

年収450万は低いのでしょうか?

年齢別、性別ごとにみていきましょう。

年齢別の平均年収

以下のグラフは、国税庁が開示している年代ごとの平均給与です。

男性は年齢が高くなるにつれ平均年収も高くなっていることがわかるでしょう。

理由としては、出産や子育てによりキャリアが途絶えやすい女性に比べ、男性にはそういった要因がないことが挙げられます。

また、50~54歳の層が最も高くなっていますが、これはおそらく管理職などの重役を担う年代が多いからだと予想できますね。

一方、女性は年齢による較差はあまり見受けられません。

 

出典
H参考:国税庁「1. 平均給与」https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan1998/menu/03.htm

男女別の平均年収

国税庁のページによると、

 『1年間の給与所得者1人当たりの平均年収を男女別にみると、男性567万円、女性280万円』とのこと。

男性は女性の平均年収のちょうど2倍近くの水準になっています。

先ほどのグラフからもわかるように、男性は年齢があがるにつれ年収もあがる傾向が強いです。

一方で女性は10代を除いてはほぼ横ばいです。

年収450万の男性と結婚しても大丈夫?

さてここで、女性の皆さんが気になるのは

「年収450万の男性と結婚しても大丈夫なの?」

ということではないでしょうか?

とある結婚相談所が「結婚相手に求める理想の年収は?」というアンケートを行いました。

対象は20~30代女性200人です。

  • 1位:500〜599万円・・・21.3%
  • 2位:600〜699万円・・・20.9%
  • 3位:400〜499万円・・・17.5%

高くもなく低くもない・・・といった世相を反映した結果でした。

ちなみに、450万円3位にランクインしています。

しかし450万円の場合で子供を産みたい場合は女性自身も働くことを前提としないと正直厳しいかもしれません。

年収アップのために登録しておきたい転職エージェント

  • 業界No1!転職者の8割が利用する定番エージェント!非公開求人はなんと約10万件保有!エージェントとの面談で希望条件を的確に伝えよう
  • 国内最大級の紹介実績を誇る老舗の転職エージェント。10万件以上の豊富な求人から、あなたに最適なキャリアアップを目指せる!
  • 年収600万以上のハイレベルを目指す方の登録は必須!企業からのスカウト機能が充実しているので、大手企業からのスカウトが貰える可能性も!
  • 20-30代に強い転職エージェント。経験の浅い方や異業種への転職も、業界専任のエージェントがフォローアップしてくれる!

450万から年収を上げたい方におすすめの方法

収入を上げたい方におすすめの方法

3万円でも5万円でも毎月のお給料がアップすると、生活に余裕がもてますよね。

こんな時代だからこそ、将来のために貯金も必要です。

今の収入+αを望むのであれば、いくつかおすすめの方法があります。

副業をはじめる

働き方改革の一環として、2018年1月に厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成しました。

「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除し、副業及び兼業を認める規定を追加したのです。

これにより、事実上は副業解禁時代の幕開けとなりました。

会社で副業が禁止されていないのであれば、まずは2~3万円を目標に副業をしてみるのもおすすめです。

最近はクラウドソーシングサービスフリマアプリなど、自宅にいながらお小遣い稼ぎができるものがたくさんあります。

思い切って転職してみる

一つの企業にずっと勤める姿勢は尊敬ものですが、残念ながらただいるだけで収入があがる時代ではなくなりました。

収入アップを望むのであれば、転職してみるのも手です。

今や転職市場は非常に活発です。意欲のある若い人材、ある程度経験を積んだ中堅人材を企業は常に求めています

「新たな環境で切磋琢磨しながらキャリアを磨きたい!!」

という前向きな姿勢があるのであれば、是非転職も視野に入れてみてください。

年収450万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

転職によって年収アップを成功させるためにおすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

リクルートエージェント

とにかく色んな求人を見たい!という方はリクルートエージェント!

 

 

対応エリア 全国 ★海外求人有り
公開求人数 約17万件
対応年代 20~50代
職種 全般
運営会社 株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントのポイント!

転職エージェント業界最大手であるリクルートエージェントNo.1の求人数を保有しています。

大手、ベンチャー、首都圏、地方、幅広い年代・・・と、オールマイティに対応しているエージェントです。

また、リクルートエージェントのキャリアアドバイザー交渉力が高いことでも有名です。

内定後の給与交渉で年収が数十万円あがることも珍しくありません

年収アップを見越しての転職であれば、利用しない手はないですね!

 

リクルートエージェント

\リクルートエージェント公式サイトはこちら/

レバテックキャリア

IT志望、ITが得意!という方はレバテックキャリア!

 

対応エリア 首都圏、大阪、福岡が中心
公開求人数 約11,000件
対応年代 30代が中心
職種 募集職種の約半分がプログラマ・システムエンジニア職
運営会社 レバテック株式会社

レバテックキャリアのポイント!

レバテックキャリアはここ最近急速に成長しているIT・Web特化型の転職エージェントです。

そのため募集職種もエンジニア職が大半を占めます。

IT業界のエージェントとしては大手で、求人の質、サポートともに非常に高い評価を受けています。

また、関連サービスも充実しており、フリーランス向けの求人も扱っています。

転職して正社員として働くより、フリーランスとして活動した方が収入も自由度もあがる傾向が強いIT/Web業界。

IT業界で活躍したい!という方はぜひ無料登録してみてください。

 

レバテックキャリア

\レバテックキャリア公式サイトはこちら/

doda

非公開求人に出会いたい方はdoda!

 

対応エリア 全国 ★海外求人有り
公開求人数 約8万件
対応年代 20~30代
職種 全般
運営会社 パーソルキャリア株式会社

dodaのポイント!

最大手のリクルートに匹敵する求人数ですが、dodaの本当の魅力は約8割が非公開求人であること。

他社では見つからないような質のよい求人に巡り合える可能性が高く、登録しておいて損はありません。

また、自分の適性年収を知ることのできる「年収査定」はとても便利なサービスです。

適正年収がわかれば、キャリアビジョンが明確になります。

転職活動の際も、この適性年収と企業から提示される額を比較して一つの判断基準とすることもできます。

 

doda

\doda公式サイトはこちら/

 

こちらの記事では年収アップのための方法について詳しく解説しています。

関連記事

自分が目指す企業に転職して、年収1,000万円を目指したいものの、具体的にどのように転職活動を進めたらよいのか悩んでいる方も多いことでしょう。 この記事では、転職して年収を1,000万円までアップさせ、人生を成功へと導くためのポイン[…]

転職で年収アップを成功させる秘訣

年収をアップさせたい方は必ずご覧ください!!

年収450万円の手取りまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回お伝えした内容を振り返ってみましょう。

  • 年収450万は30代後半~40代前半のサラリーマンの平均的な年収
  • 年収450万円の人の手取りは約350~365万円が相場
  • 月の手取りを25万円とすると、自由に使えるお金は5万円程度
  • 日本の平均年収500万円を突破するには転職や副業がおすすめ
  • 転職で年収アップを狙うなら大手転職エージェントを利用するのが一般的
  • 転職エージェントなら業界最大手のリクルートエージェント が無難
  • キャリアアドバイザーが25万件以上の求人から理想の転職をサポート

 

リクルートエージェント

\リクルートエージェント公式サイトはこちら/

 

税金や保険料は私たちの生活を守るためのもので、毎月かかるものです。

思ったよりかかってしまいますが、仕方ないですね。

また、一口に『年収450万』といっても、独身の場合、配偶者や扶養家族がいる場合でその生活レベルも様々です。

いざというときに慌てないように、今から準備しておくことをおすすめします。

生活スタイルを見直して出費を減らす、貯金をする。

副業での+αの収入を検討する、思い切って転職する。

こういった選択肢も検討してみると、あなたの人生はより豊かなものになることでしょう。

 

転職エージェントおすすめ3 転職エージェントおすすめ1転職エージェントおすすめ2転職エージェントおすすめ3