30代女性の転職は難しいです。ただ、転職成功率をグンと上げる秘訣があります!

30代女性転職

「30代の女性でこれから転職を考えているけど、どのような職種で転職活動すればいい?」

「転職を成功させる為はどのようなことをすればいいのかなぁ?」

このように悩んではいませんか?

そこで、この記事では、30代女性が転職する際に気をつけるべきことや、転職に成功する為の秘訣を詳しく解説しています。今転職しようか悩んでいる方は、この記事を読むことで転職への第一歩を踏み出すことができるでしょう。

30代女性の転職が難しい理由

30代女性転職が難しい理由

30代の女性で転職を考えている方は、結婚や出産などで転職することが難しいと感じている方も多いように思います。転職をする職種などによって、転職のしやすさなども違ってきますが、30代女性の転職が難しい理由は下記の通りです。

「30代」の転職は「20代」に比べると転職の難易度が上がる

1つ目としては、20代に比べると、30代は転職の難易度が上がるということです。20代での転職は、企業からすると、年齢も若くこれからの即戦力として考えている企業は多いです。30代よりも20代のほうが採用してもらえる確率は高いです。年齢が上がっていくに連れて、若い頃のように採用されにくくなったという方も多いです。

結婚・出産による離職リスクを不安に思う企業がある

2つ目は、結婚や出産による離職リスクを不安に思う企業があるということです。結婚や出産のリスクには、

  • すぐに辞めれてしまうのではないか?
  • 業務に引き継ぎが曖昧になるのではないか?
  • すぐに産休に入られるのではないか?

といった不安が企業にはあると思います。企業としては、採用したからには、長く働いて欲しいというような思いがあります。

未経験の業種だとさらに厳しい

3つ目は、未経験の業種だとさらに厳しいということです。未経験の業種での転職となると、業務を覚えるのに沢山の時間が掛かってしまう可能性が高いです。結婚・出産のリスクに加え、業務内容を覚える過程で、途中で投げ出してしまわないか?という心配が企業としてはあるかと思います。

30代の女性が転職活動中に気をつけるべきこと

30代の女性が転職活動中に気をつけるべきこと

ここからは、30代の女性が転職活動をするにあたって、気をつけるべきことについて紹介していきたいと思います。これから紹介することに気を付けていきながら、転職をしていくことで、企業などから採用される確率が上がります。

優先順位を決めてから転職活動を始める

1つ目は、働く上での優先順位を決めるということです。優先順位とは下記の通りです。

  • 給料が良い
  • 働きやすい時間帯
  • 産休制度が整っているか
  • 福利厚生はしっかりしているか
  • 時短勤務は可能か

このような優先順位を決めてから、転職活動をしていきましょう。働く上で自分にとって大切なことを決めることによって、転職活動がしやすくなります。

全く未経験の業種はできるだけ避ける

2つ目は、全くの未経験の業種はできるだけ避けるということです。全く経験がない仕事に就くとなると、業務を覚えるだけで時間がかかってしまうことが多いです。30代の女性は、結婚や出産のリスクも高く、その上に未経験の職種を選んでしまうというのはとてもハードだと感じます。

結婚や出産を考えている場合は、理解のある企業を選ぶ

結婚や出産を考えている場合は、そういった理解のある企業を選択していきましょう!理解のある企業の見分け方としては、

  • 産休制度があるか?
  • 時短勤務は可能なのか?
  • 周りに同世代の女性は働いているか?
  • 企業の人数はどれぐらいか?

上記のようなことが挙げられます。産休制度がある企業とない企業では30代女性が働く上で、働きやすさもかなり変わってくるかと思います。子供が出来たとしても、復帰できる職場へ転職することは、仕事に対するモチベーションも変わってくると思います。

時短勤務が可能かというのは、育児休暇を取得して、仕事へ復帰してきたときに、育休前と同じ時間帯では子供や家のことで、働く場合が難しい場合に使います。この時短勤務は、育休後に働く女性にとってとてもありがたいことだと思います。この時に、周りに時短勤務を取得している人がいるか、なども面接の際に聞いておくと良いでしょう。

次に、周りに同世代の女性は働いているか?ということです。職場によっては、同世代がいない場合もあります。そうした時に、産休や時短勤務などを取得したいけれど、しにくい状況だと中々言い出しにくくなります。そうならない為にも、面接の際に聞いておくことをオススメします。

最後の、企業の人数についてですが、「もし自分が産休などに入ったときに、引き継ぎなどが出来る環境か?」「自分が抜けた時に業務が周るぐらいの人数がいるか?」といったことを見ていくと良いでしょう。明らかに人手不足の企業などは、入社してから、産休や、時短勤務などが言い出しにくかったりします。

実際、30代女性はどれくらいの給料が貰えるの?

では、実際に30代女性はどれぐらいの給料が貰えるのでしょうか?子供がいる場合、いない場合、職種によっても変わってきます。テーマごとに解説していきたいと思います。

30代女性の平均年収を職種別に解説

30代女性の平均年収

1つ目は、30代女性の平均年収を職種別に解説していきましょう!

職種平均年収
金融532万円
総合商社500万円
IT/通信498万円
メーカー477万円
建設/プラント/不動産453万円
インターネット/広告/メディア446万円
専門商社437万円
サービス403万円
小売/外食384万円

職種別に30代の女性の表に表してみました。実際には誤差はあるものの、350~530万円というところが多いかと思います。金融や総合商社、IT/通信などは他の職種からみても年収が高い傾向になります。

逆にサービス業や飲食業は年収が比較的低い傾向にあります。

30代子持ち女性で夫がいる場合はどれくらいの収入があればいい?

30代で子持ち女性、夫がいる場合はどれぐらいの収入があれば暮らしていくことがいいのでしょうか?実際には、夫の年収や子供の数によっても違ってきます。あくまで一例として、3つの例を紹介していきたいと思います。

子供1人(7歳)の場合で、夫の年収が400万未満の場合・・・こども1人の場合で、子供の年齢がまだ小さい場合の女性はパート勤務として働く場合が多いように思います。パート勤務では、夫の扶養の中で働く場合の選択肢もあります。だいたい約120万円ぐらいあれば良いでしょう。

子供2人(5歳と11歳)の場合で、夫の年収が500万未満の場合・・・子供が2人の場合、保育園と小学校に通っていると過程しての場合では、昼間のお仕事を探す必要があります。子どもたちが帰ってくる時間帯に合わせて帰宅できるような職場を探すことをオススメします。年収でいうと、約120万円ぐらいがいいと思います。

子供3人(3歳、6歳、12歳)の場合で夫の年収が600万未満の場合・・・子供が3人いてまだ小さいお子様がいる場合は、しっかりと働けない場合が多いです。在宅ワークや扶養の中で働くことをオススメします。年収にすると、約100万円ほどが良いでしょう。

上記で紹介したことは、あくまで一例ですので、実際には、家賃や光熱費、住宅ローンや車の返済など、家庭によって変わってきます。

女性にとって嬉しい福利厚生とは

女性にとって福利厚生が充実していることは、仕事を探す上の条件として、必要なことなのではないでしょうか?具体的に女性が喜ぶ福利厚生とは下記の通りです。

  • 住宅に関する手当
  • 健康に関する手当
  • 育児に関する手当
  • 介護に関する手当
  • 食事補助手当

上記のような福利厚生があれば、女性は安心して、プライペートと仕事に取り組むことができると思います。

住宅に関する手当とは、企業が従業員の賃貸の一部を支払うという方法と、企業が住宅ローンの一部を支払うという方法があるかと思います。このような補助は、従業員の住む場所や扶養家族がいるのか、によっても変わってきます。しかし、このような住宅補助がない企業も多く存在します。

健康に関する手当とは、定期的に行う健康診断や人間ドッグの費用を、企業から支給してもらえるという手当です。この健康の手当は、企業によっても支給額が違ってきて、全額自己負担という所もあります。

育児に関する手当とは、育休手当や産休手当、などがあります。育児休業は、出産日の翌日から8週間取得することが出来ます。又、産休手当は、出産予定日の6週間前から取得が出来ます。法律で決められた制度になっています。

介護に関する手当は、介護が必要な対象家族1人あたり、1年で5日まで取得することが出来ます。法律で決められて制度になっています。

30代女性が転職を成功させるための4つの秘訣

30代女性が転職を成功させる4つの秘訣

ここからは、「転職に成功して、新たなキャリアを築いていきたい!」「転職活動をしているけれど、今度こそ成功させたい!」という方むけに、30代の女性が転職を成功させるための4つの秘訣について紹介していきたいと思います。

自分の「経験」「スキル」を言語化できるようにする

30代は、これまでの経験やスキルを言語化して伝えることで、転職に成功出来る可能性が高まります。20代の時にどのようなことをしてきたか、自分にはどのようなスキルがあるか、などを細かく言語化していくことで、面接の際に面接官にやる気を伝えることが出来るでしょう。これまでと同業での転職の場合、経験やスキルは特に伝えやすいかと思います。自分のこれまでの経験から、「この人と仕事をしてみたい!」「うちの会社に是非きてほしい!」といった印象を与えることが出来るかと思います。

30代女性の社員に求められるスキルを知る

30代の女性の社員に、この企業がどのようなことを求めているのか?ということを予測しておきましょう。スキルももちろん大切ですが、人柄や企業でしっかりと仕事をして成果を出してくれるのか、といったようなことを企業は見ています。

スキルは、これまでの経験で培われるものなので、面接官に正直に伝えてましょう。話を盛ったり、出来ないことに同意したりしてしまうと、入社してから恥をかくことになります。現時点でのスキルを正確に伝えましょう。

30代女性が転職しやすい職種を検討する

30代の女性が転職しやすい職種を検討するというのも転職成功させる為に必要なことかと思います。30代の女性が転職しやすい職種は、

  • 美容業界
  • 営業
  • 事務職
  • 販売員
  • 配送
  • 工場

上記の職種がおすすめかと思います。美容業界や事務は女性の割合が多い傾向にあります。求人サイトを見ていても、「未経験歓迎!」という言葉が書かれている求人は多いです。

営業では、女性は少ない印象ですが、福利厚生がきちんとしている企業も多くあります。人と話すのが楽しい、色んな方とコミニュケーション取ることが好きだ、という方は未経験であっても、転職に成功しやすいです。

販売職は、女性が多い印象です。人とのコミニュケーションが好き、商品の魅力を伝えるのが好き、という方に向いている職種です。

転職エージェントを利用してミスマッチをなくす

転職活動で一番やってはいけない事。そう、それはミスマッチです。これは女性に限らず男性にも言える事なのですが、今の職場や仕事では満足できない、居づらくなった人が一般的には転職を行います。

なのに、次の転職先の調査や転職活動自体を本気で行わないと、今と同じ状況が繰り返されるだけです。そうなると、また転職活動を行う羽目になってしまいます。

それを防ぐためにも転職のプロである転職エージェントは是非とも最大限有効活用して頂きたいものですね。転職でのミスマッチは誰も得しません。ミスマッチだけは辞めていただきたいのできちんと転職活動に向き合い、転職のプロを使う事をおすすめします。

基本的に登録料や利用料は無料となってますので是非一度登録してみてください
以下に転職サイトと転職エージェントの比較をした記事も掲載しておりますので是非ご参照して皆様の転職活動に最大限お役立てください

転職サイトと転職エージェントを徹底比較!あなたはどちらを使うべき?

まとめ~30代女性の転職は簡単!?失敗しないためのポイントを解説!~

30代の女性の転職は難しいと言われていますが、上記の記事を読んでどのように感じたでしょうか?2020年はコロナの影響もあり、転職が困難となったと思います。しかし、30代の女性だからこそ、できる転職活動があると思います。

「これから転職活動をしていきたい!」

「色んなことにチャレンジしていきたい!」

と考えている方には、未経験の仕事であっても採用してもらいやすいと思います。やる気と今の自分のスキルを見直してみましょう!

企業は30代の女性にどのようなことを求めているのかをしっかり見るのも採用を勝ち取る方法かと思います。

企業を選ぶ際には、福利厚生の部分もしっかりと見るようにしてみましょう。その中には女性が働きやすい条件のものもあると思います。しっかり調べることをおすすめします。

キャリアを積めるような職種に就けることを願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。