失敗した、、40代でのベンチャー転職で後悔する原因と成功のための秘訣を解説

40代ベンチャー転職

転職を考える際に、自分が40代という年齢での現状で転職を成功させることが出来るだろうか?といった悩みを抱えている方も多いことでしょう。

この記事では、40代でベンチャー企業に転職する際の問題点や対策などについて詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、自分の年齢や現状をしっかり認識した上で、転職に成功することが可能となります。

40代のベンチャー転職で後悔する4つの原因

40代ベンチャー転職で後悔する4つの原因

40代という、人生における中堅世代に差し掛かった状況で転職するには大きなハードルがあります。

こうした状況で転職した際に、後悔する主な原因について解説していきます。

就職先の企業があまり40代を受け入れる風習がなかった

40代でベンチャー企業に転職する際に、転職先の企業の多くはこうした年代を受け入れる体制や風習が整っていないことが少なくありません。

特に、大企業から転職を志す場合には、待遇面などを含めた様々な就業環境や条件が、大企業のように整っていることは少ないことを理解しておく必要があります。

福利厚生面の詳細などについて、当該企業の人事担当者が知らないということも多々あります。

また、職場の同僚や上司、部下なども、40代の転職者を受け入れる土壌や風習がなく、日々の職場での状況もお互いに距離感が図れず、苦労することがあります。

チャレンジ精神が高くないので、ベンチャーに合わなかった

これも大企業からの転職者にありがちな状況ですが、40代でベンチャー企業に転職する際には、それまで所属していた企業のような安定性を求めて失敗することがあります。

ベンチャー企業は業績が安定しておらず、就業当初の処遇や給与などが満足できるレベルではないことが多くあります。

ベンチャー企業に経営幹部や役職者として採用されたのに、細かい作業や雑務などに対応することを求められたり、部長として転職したのに一般社員がするような仕事をさせられたということはよくあることです。

ベンチャー企業では、何でもやるチャレンジ精神がないと務まりません。

ベンチャー企業へ転職する場合、前職にしがみつかず、気持ちを切り替えてどんな雑務もやる覚悟で挑戦することが大切です!

転職先の会社で今までのスキルや知識が役に立たなかった

40代でのベンチャー転職に際して、何をするにも前職と比べたがり、上から目線で比較する人がいます。

前の職場ではこうだったとか、大手でその考え方はあり得ないなど、大手企業にいたことを鼻にかけるタイプの人が該当します。

大企業出身でなくても、ベンチャー企業では、年齢的にも社会人経験は現場にいる多くの社員よりも上でしょう。

しかし、ベンチャー企業では今までのスキルや知識、経験が役に立たない場合が多くあるので、無理に自分の意見を押し通そうとすると周囲と良好な関係を築くことはできません。

転職者が最初にやるべきことは、それまでの経験や知識を若手に教えることではなく、周りの環境にいち早く溶け込むことが重要です。

企業調査が不十分でミスマッチが起きた

ベンチャー企業では、これまで自分が培ってきた経験以上の幅広い業務に携わることになります。

例えば人事部長として配属された場合、新人研修や社員配置、さらに中途採用の面接や、新人・退職者に対する様々な手続きも業務の一環となります。

場合によっては、給与計算や労務管理といった細かい実務までこなす必要があります。

ベンチャー企業に転職する際、就業先企業における業務内容全般や、自分が任される広範な業務を事前に十分理解・把握せずに入社すると、思わぬミスマッチに直面してしまいます。

こちらにベンチャー転職の際にゼッタイに気を付けていただきたい事をまとめてるサイトがありますの合わせてご覧ください!

【必見】ベンチャー転職はリスク!?リスクを回避し後悔しない方法!

 

ベンチャー転職で成功する人の3つの特徴

ベンチャー転職で成功する人の3つの特徴

その一方、40代でベンチャー企業への転職を成功に導く例も多数あります。

成功者の3つの特徴について解説します。

ベンチャー企業に転職したい目標が明確にある

40代という年齢でベンチャー企業への転職を成功させるためには、まずベンチャー企業へ転職する目標を明確にすることが大切です。

そのためには、これまで自分が培った経験と実績に基づき、過去の自分のキャリアの棚卸と、転職に当たっての条件の明確化を行い、転職市場における自分の価値を確認することが必要となります。

過去の職務経験から、自分にできることとできないことを洗い出し、経験値を加味してベンチャー企業でやるべき目標を設定します。

転職にあたっては、年収や残業時間、転勤を伴う異動の可否など、転職先に求める処遇についてもしっかりと条件を明確にしておくべきです。

こうした作業を通じて、自分がベンチャー企業に転職したい目標を明確にし、自分の市場価値を理解すれば、自分に見合った仕事を選ぶことが可能となります。

 

給料よりもやりがいに仕事の魅力を感じる

ベンチャー企業の多くは創業後間もないため、経営基盤が脆弱(ぜいじゃく)であり、目先の年収や職場環境、労働条件などが大企業などに比べて劣っています。

その反面、ベンチャーに入社後は自分に任せられる裁量や業務範囲が広く、また経営者との距離も近いことや、少数精鋭で自由闊達にビジネスやプロジェクトに取り組むことが可能というメリットがあります。

大企業からベンチャーに転職する際、目先の給料は下がる可能性が高いですが、そうした処遇面よりも、自分で選んだ企業が将来にわたって事業を拡大するために貢献する魅力を優先し、期待を背負って業務にまい進する姿勢が重要です。

ちなみに、以下の記事では、非常に人気の高いベンチャー企業の名前も出して年収から福利厚生などについて紹介していますので是非ご覧ください

【2021年】ベンチャー企業の平均年収・福利厚生に関する最新情報!

大企業の肩書きをすぐに捨てられる

そもそも転職活動を行う際には、とにかく目先の転職を成功させたいという気持ちが強い状態でで活動しているため、細かい待遇面などのチェックがおろそかになりがちです。

その一方、大企業経験者が40代でベンチャー企業に転職する際には、前述のとおり大企業では当たり前だった待遇や制度が期待できない場合が多いです。

転職先のベンチャーでの職種や年収、業務内容だけでなく、福利厚生や家族手当、またそれぞれの企業によって異なる制度についても確認する必要があります。

こうした前提の上で、大企業からベンチャー企業へいざ転職した後には、待遇面などに不満を感じたとしても、自分が大企業にいたという肩書きやプライド、意識などをすぐに捨て、与えられた現状を受け入れ、その環境に順応する姿勢が大切です。

以下の記事では大企業からベンチャーに転職する際に是非見ていただきたい

大企業からベンチャー転職は後悔する?成功するための秘訣を徹底解説!

【40代】ベンチャー転職で成功するためにすべきこと

40代ベンチャー転職成功のためにすべきこと

40代でベンチャー企業に転職し、成功するための秘訣や注意点について、あらためて解説します。

以前の職場との違いを受け入れる

転職活動を行う際には、転職先企業での業務内容について細かいすり合わせをすることになります。

例えば、経費精算の方法や社内の掃除、また会議室の予約といった日常の細かなことまで、すべて自分でやらなければいけないことがほとんどです。

ベンチャー企業の経営幹部社員として採用されても、日常の雑務をサポートしてくれるアシスタントや、来客応対をする受付なども設置していない企業が多数あります。

こうした職場環境の変化について、特に大企業経験者は注意が必要です。

以前は周囲のスタッフに頼むのが当たり前だった業務を、ベンチャーでは当然のように自分でやらなければいけない場合もあります。

こうした環境変化に慣れ、受け入れていく姿勢が必要です。

雑務を任されることもあることを知っておく

上に述べたように、ベンチャー企業に転職した際には、さまざまな雑務も周囲に頼らず自分でこなすことが求められます。

こうした状況は、給与などの待遇面と同様に、細かい日常の雑務を含めて、自分でこなす必要があるのもベンチャー企業ならではの特性です。

このため、初心に帰った気持ちで、なんでも「自分のことは自分でやる」という謙虚な姿勢と意識を持って行動することが必要です。

間違っても前職ではこうだったのにといった愚痴や態度を周囲に見せてはいけません。

そうした慢心した態度はすぐに周囲に広まり、結果としてせっかく勝ち取った転職を失敗に終わらせてしまいます。

仕事仲間が年下ばかりでも、躊躇せずに仕事を教わる

40代といえば、社会人としても企業人としても、最も油の乗り切った年代です。

これまで自分が培った経験や実績・ノウハウ、また人脈などを活かして、企業に大きな貢献を果たし、利益拡大に貢献できる年代でもあります。

こうした状況下でベンチャー企業に転職するのは大きな勇気が必要ですが、いざ転職すると、転職先の企業で待ち構えている同僚や上司、部下の多くは、自分より年下である場合が多いでしょう。

そもそもベンチャー企業は若手社員が多く、社会経験や実績を多く持たない場合が多数を占めています。

こうした環境で、つい自分の年齢を背景に不遜な態度をとってしまいがちですが、これは絶対に避けたい行動です。

年齢に関係なく、転職先での同僚や仲間は全て仕事上の先輩です。

照れや外聞、恥など一切捨てて、躊躇せずに現場で年下の同僚や部下にも素直に仕事を教わる真摯な姿勢が求められます。

企業調査を徹底的に実施する

40代は、多くの場合家庭を抱え、社会的な責任も重大な年代であり、転職に当たっても決して失敗は許されない年代ともいえます。

こうした環境下で敢えてベンチャー企業への転職を志す場合は、ともかくも就業先企業に対する徹底的な研究が必要です。

これまで自分が培った実績・経験やノウハウ、得意分野や資格、また人脈などを最大限活かし、貢献できる企業はどこかをしっかりと選定することが求められます。

そのためには、候補企業は多ければ多いほど望ましく、また候補企業を推薦してくれる転職エージェントも一社だけでなく、可能な限り多く選定し、候補企業とともに多岐にわたる判断材料を揃え、比較検討することが極めて重要です。

自分が行きたい企業については、条件面や福利厚生だけでなく、経営陣の理念や将来性、競合優位性などについても徹底的に研究する姿勢が大切です。

転職エージェントに相談してみる

40代という年齢で後悔のない転職をするためには、自分に合った求人企業を見つけることが何よりも大切となります。

そのためには、より多くの求人情報に接し、自分に最適の転職先企業との出会いを発見することが必要であり、そうした出会いをサポートしてくれるのが専門の転職エージェントです。

大手でしっかりとした転職エージェントでは、膨大な求人企業のデータベースを保有しており、求職者それぞれのニーズに応じたきめ細かい対応が可能です。

また、専属の経験豊富なアドバーザーやキャリアコンサルタントによる、親身な進路指導も受けられ、いわば転職に当たっての羅針盤としての機能が期待できます。

もちろん、自分の知己や元上司・同僚などのツテやコネを頼りにベンチャー企業への転職を試みることも大切ですが、やはり豊富な経験と実績に裏付けられた知見を有する優良な転職エージェントに相談することが効果的です。
その上で、様々な情報を取捨選択、吟味し、最良の転職を勝ち取ることが出来ます。

以下にベンチャー転職に強い転職エージェントをまとめておりますので、是非ご確認ください!

https://js-furniture.jp/2021-recommend-venture-argent/

まとめ ~失敗した、、40代でのベンチャー転職で後悔する原因と成功のための秘訣を解説~

この記事では、40代という「社会で油の乗り切った」中心世代の人が敢えてベンチャー企業へ転職する際の課題や問題点、また利点などについて解説してきました。

40代の多くは家庭を抱え、社会的な責任も大きく背負っています。
こうした状況下でベンチャー企業に転職を志す場合、これまで自分が培ってきた経験・実績やノウハウ、また人脈などがそのまま最大限活かせるような転職先企業を選定することが大切ですが、現状は必ずしもそうではありません。

転職エージェントおすすめ3 転職エージェントおすすめ1転職エージェントおすすめ2転職エージェントおすすめ3