【必見】ベンチャー転職はリスク!?リスクを回避し後悔しない方法!

ベンチャー転職はリスク

この記事をご覧の皆さんの中には、ベンチャー企業に転職を考えていけれど、その際にどのようなリスクがあるのかなどについて知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

メルカリなど当初は小さな企業でしたが、ある程度の年数をかけて大きく成長しました。そのようなベンチャーベンチャー企業に魅力を感じ、転職を考えている人はたくさんいると思います。一方で、転職のリスクなどに不安を感じている人も当然いるでしょう。

今回の記事では、ベンチャー企業に転職する際のメリットやリスク、成功するための方法などについて説明していきます。

ベンチャー企業転職のリスク

ベンチャー企業転職のリスク

 ベンチャー企業への転職時のリスクにはどのようなものがあるのでしょうか、具体的なリスクには以下のようなものが挙げられます。

倒産/破産のリスク

 ベンチャー企業への転職時にあるリスクの1つ目は、倒産/破産のリスクがあることです。

 もちろん大企業などの大きな組織であっても倒産/破産のリスクは必ず存在していますが、ベンチャー企業は大企業などの大きな組織体と比べて資金力が大幅に劣っていることが多く、企業としての基礎体力が弱い傾向にあります。

 ベンチャー企業のように、資金力などの企業としての基礎体力的が弱い場合、景気が悪化した時や中核事業の収益が著しく悪化した時などに企業の資金繰りが上手く行かず倒産する可能性が高くなってしまします。

 ベンチャー企業に上手く転職できたはいいが、勤務してから数か月後などに倒産/破産してしまうベンチャー企業もあるので、転職の際の企業の事前調査はしっかりと行いましょう。

給料・年収が下がる

 ベンチャー企業への転職時にあるリスクの2つ目は、給料・年収が下がる可能性があることがです。

  前述の通り、ベンチャー企業は資金力が大企業に比べ大幅に劣ることが多いです。また、黒字化できておらずベンチャーキャピタルなど、投資家から運転資金の提供を受けながらかろうじて運営を継続できている例も少なくありません。

このような状態の企業が多いことから、多額の給与を現段階では用意できないために以前の職場よりも給与などの経済的待遇が悪化してしまう可能性があります。

しかし、ベンチャー企業の中には従業員にストックオプションを付与する企業もあり、上場すれば一定以上のお金を手に入れられるチャンスもありますので、給料・年収が下がることは覚悟して長期的な展望でメリットをつかみに行くことが戦略として考えられます。

 ただし、上場できなければストックオプションは何の意味もありませんので、基本的にはベンチャー企業への転職は前職よりも経済的待遇が悪くなることを覚悟して臨む必要があります。

ベンチャー企業転職のメリット

ベンチャー転職のメリット

 前章では、ベンチャー企業への転職時に得られるリスクにはどのようなものがあるのかについて説明しました。この章では反対にベンチャー企業への転職に起きるメリットについて説明していきます。

社長との距離がとても近い

 ベンチャー企業への転職時に得られるメリットの1つ目は、社長との距離がとても近いことです。

 大企業などの大きな組織では、社員の数がとても多く社長が社員の顔や名前を一人一人認識している場合はほとんどありませんが、ベンチャー企業の場合社員の数が少ないことから社長との距離は近くなりやすいです。

 社長との距離が近いことから、以前の企業に勤務していた時代であれば通すことができなかった自身の意見やアイデア、不満を直接社長に訴えることができ、自らが経営に深く携われている感覚になります。

 転職以前の企業に勤務していた時代では考えられなかった事ができるようになる点は小規模企業であるベンチャー企業ならではの大きな魅力の1つと言えるでしょう

事業を成功した時のやりがいは最高

 ベンチャー企業への転職時に得られるメリットの2つ目は、事業が成功した時のやりがいは最高です

 前述のとおりベンチャー企業は社員の数が大企業よりもかなり少ない傾向にあることから、ある程度能力のある人間であると認められればすぐに特定の事業の担当者に任命されるなど裁量の大きい仕事に携われる可能性が高いです。

 それらの裁量権は以前の企業に勤務していた時代よりも大きなものであることが多く、自身が裁量権を持って業務に従事していた事業が成功した際などには、今までに感じたことのないような大きな達成感や充実感を感じることができるでしょう。

 大企業に勤めて安定したキャリアを手に入れるのも選択肢の一つですが、このような大きな達成感や充実感を早い段階から感じることができるのはベンチャー企業の大きな魅力の1つではないでしょうか。

ベンチャー企業転職で後悔した人の4つの特徴

ベンチャー企業に転職して後悔した人の特徴

 ベンチャー企業に転職をして後悔してしまっている人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか、具体的には以下のような特徴があります。

給料・年収が減り、生活水準が下がることにストレスを感じる人

 1つ目は、給料・年収が減り、生活水準が下がることに大きなストレスを感じる人です。

 ベンチャー企業の多くは人、モノ、カネのビジネス上の資産が大企業などよりも大幅に劣っている場合が多く、前の勤め先が大企業などであった場合には年収が大幅にダウンしてしまうことが多々あります。

 人間は、一度上げた生活水準を下げる場合、大きなストレスを感じます。
「自分は絶対大丈夫」と思っていても実際に給与が下がるとなると、大きなストレスを感じてしまう可能性が高いので要注意です。

安定思考で、変化が嫌い人

ベンチャー企業に転職をして後悔してしまっている人の特徴の2つ目は、安定思考で、変化が嫌いな人です

 ベンチャー企業が大企業と同じことをしていても勝機はなく、基本的には大企業が未だ着手していない・できていない事柄を推し進めて事業の発展を図っていくことが基本的な戦略となるので、安定が好きで変化を嫌う人にはベンチャー企業の風土は向いていません。

 また、自身に向いていない風土を持つ企業で働いているとストレスが蓄積していき、結果として早期に退職してしまう事態につながるので、このような風土になじめそうにない人は注意してください。

社員の体験談などをちゃんと聞かなかった人

 ベンチャー企業に転職をして後悔してしまっている人の特徴の3つ目は、社員の体験談などをちゃんと聞かなかった人です。

 実際にそのベンチャー企業に勤務したことのある人や勤務している人たちの体験談を予め聞いて自分に合うのかどうかを検討していれば極端なミスマッチを防ぐことができたのに、それをせず、転職後に後悔してしまう人も少なくありません。

  ベンチャー企業への転職を検討している人は、できる限り社員の体験談などをしっかりと聞いてから転職を検討しましょう。

大企業よりも残業時間が増加するのが嫌な人

 ベンチャー企業に転職をして後悔してしまっている人の特徴の4つ目は、大手企業よりも残業時間が増加した点を嫌う人です。

 前述のとおりベンチャー企業は大企業などと比較して、人、モノ、カネのビジネス上の資産が大幅に劣っていることが多く、その劣っている部分を少しでも埋めるためにアイディアをひねり出したうえでハードワークを行っていくしか方法がありません。

 なので、ベンチャー企業での労働時間は大企業よりも全体的に増加してしまう可能性が非常に高く、必然的に残業が増えてしまうことから、長時間労働を嫌う人はベンチャー企業には向いていませんので、この点についてもしっかりと押さえておいてください。こちらも社員からの話を聞くことで事前に知ることができます。

ベンチャー企業への転職を成功した人の3つの特徴

ベンチャー転職に成功した人の3つの特徴

ベンチャー企業への転職を成功した人の特徴としてはどのようなものがあるのでしょうか、具体的には以下のような3つの特徴があります。

事前に社員と社風などについて話ができた人

1つ目は、社員と社風などについて話ができた人です。

 ベンチャー企業は大企業などとは企業風土や社風が異なっている場合が多く、きちんと事前にそれらの相違点について理解して転職の望まないと自身の希望満たすことができません。

  なので、事前に社員の人から社風などについての話を聞くことができていれば、自身にその企業は合うのかどうか知ることができるので、ベンチャー企業への転職を成功につなげられる可能性を高めることができます。

視野が広く、同業他社も注視できた人

 ベンチャー企業への転職を成功した人の特徴の2つ目としては、視野が広く、同業他社にも注視できた人です

 リーガルテックやフィンテックなどの分野に基幹事業を置いているベンチャー企業に転職を希望している場合などに、特定のベンチャー企業のみならず視野を広げて他のベンチャー企業にも調査を行うとより良い企業の求人を見つけられる可能性があります。

 当初転職を検討していたベンチャー企業よりも良い企業に転職をすることができれば、ベンチャー企業への転職をより満足いく結果につなげられることでしょう。

自分一人ではなく誰かに相談した人

 ベンチャー企業への転職を成功した人の特徴の3つ目は、自分一人ではなく誰かに相談できた人です

自身だけで転職先のベンチャー企業を調査するだけでなく、自身の希望するベンチャー企業の分野に詳しい人などに相談する方が転職に成功する可能性をより高めることができます。

  ベンチャー企業の転職を成功に導きたい場合には、一人だけで抱え込むのではなく誰か信頼できる人に相談を持ちかけるのも1つの方法になりますので、この点については特に頭に残しておく方が無難でしょう。

【重要】ベンチャー企業への転職を成功させる方法

ベンチャー企業への転職を成功させる方法

 ベンチャー企業への転職を成功させるにはどのような方法があるのでしょうか。具体的には以下のような方法があります。

ベンチャー転職する本当の目的を見失わない 

 ベンチャー企業への転職を成功させるための方法の1つ目には、ベンチャーに転職する本当の目的を見失わないことですが挙げられます。

 ベンチャー企業での労働は長時間に上ることが多いうえ、経済的待遇も良くなく、明るい見通しもなかなか見えないなどの状況に身を置くことになりますので、自身の中にベンチャー企業において働きたい明確な理由を持っていないと続けられない場合も多いです。

 また、転職活動をしてると、給料や労働環境に意識が移りがちです。そうなると、本来の転職の目的を二の次にしてしまい、転職後に「こんなんじゃなかった、、」と後悔してしまうケースがあります。

  ベンチャー企業において活躍したいなら、自分自身はなぜベンチャー企業に転職して働きたいのかをしっかりと熟考して本当の目的・軸を見失わないようにして、転職に望むことが重要になります。

転職のプロに相談してみる

 ベンチャー企業への転職を成功させるための方法の2つ目は、転職のプロに相談してみることです。

 自身で調査するよりも転職のプロの方が転職に関する分野については詳しい情報を持っている場合が多く、こちらの希望を事前にしっかりと伝えることによって自身にあったベンチャー企業を紹介してもらえます。
餅は餅屋とはこのことです。

  転職のプロに自身に合ったベンチャー企業を紹介してもらうことができれば、自分だけで探すよりも、自分に合ったベンチャー企業を紹介してもらえる可能性を高められます。自身の性格やスキルなどにマッチングした企業に転職できるか否かが、その後の活躍に繋がりますので、ベンチャー企業への転職を検討している人はこの方法について一度考えてみてください。

 ベンチャー企業において活躍するためには上記で紹介したような方法以外にも存在します。日々情報を集めつつ自身で考える習慣を継続することが重要になりますので、この点について忘れないようにしましょう。

おすすめのエージェントはこちらにまとめています!是非参考にしてください。

まとめ 〜【必見】ベンチャー転職はリスク!?リスクを回避し後悔しない方法!〜

 ここまで、ベンチャー企業に転職する際のメリットやリスク、成功するための方法などについて説明してきましたが、いかがでしたか。

 ベンチャー企業への転職には確かに大きな魅力やメリットがありますが、その一方でリスクやデメリットももちろんあります。転職を検討する際にはこれら両面についてしっかりと考慮することが重要になってきます。

 また、ベンチャー企業においても現在投資が集まりやすいい分野にコミットして事業を行っている企業などもあり、それらの情報についても日ごろからしっかりと収集する習慣をつけておくことを忘れないようにしましょう。

  これらの点ついてしっかりと理解して実践に移すことが何よりもベンチャー企業への転職を成功に導く有効的な手段であるといえます。

 ベンチャー企業への転職をお考えの方は、今回の記事で説明したベンチャー企業に転職する際のメリット、デメリットやリスク、成功するための方法を参考に転職活動をしていただければ幸いです。

  長くなりましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました!!