転職エージェントの複数利用はムダ?併用するメリットとデメリット、注意点をカンタン解説!

転職エージェントは複数登録すべき

転職エージェントの担当者、相性合わないんだよな

転職エージェントからの情報が少ない、正しい情報か不安

このような転職エージェントに関するお悩みはありませんか?

人生を決める転職活動で、転職エージェントがイマイチだと、活動を進める上で不安ですね。

転職を成功させるため、転職エージェントは複数登録することがおすすめです。

今回は、その転職エージェントを複数登録すべき理由について、わかりやすく解説します!

最初に読みたい!おすすめ転職エージェントランキング
初めて転職エージェントを利用する方・IT転職エージェント選びで失敗したくない方はこちらの記事がおすすめ。
関連記事

今回は総合的におすすめできる転職エージェントはもちろん、年代や業種ごとに活用していきたいIT転職エージェントについても細かく解説していきますので、転職を有利に進めたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。 […]

転職エージェント徹底比較

専門家の意見を交えておすすめ11社を徹底比較し、業種・業界・年齢・希望年収ごとのおすすめ転職エージェントもご紹介。

あなたに最適なIT転職エージェントがきっと見つかります。
目次

転職エージェントを絶対に複数登録すべき理由とは?

転職エージェントを複数登録すべき理由

転職エージェントを複数登録することで得られるメリットは多くあり、転職活動をより成功に近づけることが出来ます。

それであれば、一社に全部お任せするよりも、複数社に登録して自分で判断していく方が、より納得感のある転職になるでしょう。

具体的に、どのようなメリットがあるのか、代表的なものを3つご紹介します!

より多くの非公開求人を知ることができる

転職活動は情報戦です。より多く情報を得た上で作戦を考えていく必要があります。

転職活動における情報源として、転職エージェントはとても重要です。

一方で、転職エージェントは各社毎に特徴があり、持っている情報も違ってきます。

登録した転職エージェントが、どの業界が強いのか、また、その業界の中でも、どの企業に対して、強い関係を持っているか等、違いがあります。

主に、以下のようなポイントで転職エージェントを分析しておくと良いでしょう。

求人情報数
・どの企業規模の求人が多いか
得意としている業界はどこか または 業界特化しているか
・どんな求職者をターゲットにしている転職エージェントか
・自分が希望する企業に対する紹介枠はどの程度持っているか

昨今では、大企業の衰退が著しく、以前のように大手から順に検討するようなやり方では本当に良い企業には巡り合いにくくなっています。

転職エージェントを複数登録することによって、希望する業界の隅々まで情報を取り、自分に一番適した企業を見つけることが出来ます。

人生の掛かった転職活動ですので、自ら選択肢を絞るのではなく複数の転職エージェントからしっかり情報を獲得して、転職活動を有利にしていきましょう!

相性の良いエージェントと巡り合える可能性が高まる

相性の良い転職エージェントと巡り合えるかもしれないという点も、複数社登録するメリットとして挙げられます。

やはり人間同士ですので、転職エージェントとの相性はとても重要です。

話しにくい転職エージェントだと、どうしても会話が遠慮がちになってしまい、聞きたい情報を十分に聞けなかったりします。

また、面接対策や応募書類の添削など、転職エージェントのサポートを受ける際にも相性が重要になります。

相性の良い転職エージェントだと、書類の添削や面接対策のアドバイスなどから自信を得ることが出来ます。転職に対する自信がつくと、面接も通りやすくなり結果として転職活動を成功させることにつながります。

反対に、相性の悪い転職エージェントに添削をされていると、自信を無くしたり、反発してしまい素直にアドバイスを聞けなくなります。

このように、転職エージェントとの相性は、転職活動そのものに直結するほど重要なことでもあるのです。

最適な転職エージェントに巡り合うためにも3社から5社は、転職エージェントに登録しておくことで転職活動をより有利に働かせることが可能です。

目的に合わせてエージェントを使い分けることができる

転職エージェントの特徴に合わせて使い分けることができる点も、複数の転職エージェントに登録するメリットです。

例えば、メインで専門職を検討しているが、その周辺の職種・業種への転職も合わせて検討したい場合などで有効です。

専門職の情報を聞きたい場合は、対象の業界や職種に特化した転職エージェントをメインに会話すれば良いです。

また、周辺の職種・業種への転職を検討する場合は、より幅広い求人情報をもつ、大手などの転職エージェントに相談することで、欲しい情報を得やすくなります。

その他、面接や書類添削のシーンも使い分けが出来ます。

大手の幅広い求人を扱う企業では、初めての転職活動や第二新卒のような方も多くサポートしていることが多く、面接対策なども丁寧に対応をいただけます。

反対に、ハイクラスの転職エージェントや業界特化の転職エージェントだと、ある程度のスキルがある前提で会話をスタートされます。

そのため、面接や書類作成に関するサポートよりも、より深い業界や企業の情報、もしくは、採用された後の交渉に於いて力を発揮します。

このように、各シーンに合わせて転職エージェントの使い分けをしていくためにも、複数の転職エージェントを登録しておくことが重要となってきます。

以下に、おススメ転職エージェントの紹介URLを貼り付けてますので併せてご覧ください

様々な視点からのアドバイスをもらえる

転職エージェントに複数登録するということは、その数だけ担当者がつくことが一般的です。

例えば、

  • A社の担当者
  • B社の担当者
  • C社の担当者

これだけのエージェントがいれば、様々な意見やアドバイスをもらうことができます。

これら多くのアドバイスなどから、自分を客観的に分析して転職に活かすことができれば転職は成功するでしょう。

紹介してもらえる求人の母数が増える

複数のエージェントを利用することで、紹介してもらえる求人の幅が自然と増えます。

「この分野、こんな会社がよかったけど、こんな選択肢もあったんだ!」などと、新しい選択肢が見つかることもあります。

メリットとしては、以下が挙げられます。

  • 非公開求人に限らず多くの求人を吟味できる
  • 触れる物件の母数が多くなる

転職エージェントの担当者も人ですので、見逃しているあなたにぴったりの求人があるかもしれません。

この時に、複数のエージェントを利用することで取り残しなく求人をチェックできます。

ですが、同時のデメリットもあるので以下を頭に入れておきましょう。

  • 目移りしてしまう
  • 転職までに時間がかかってしまうことも

やはり、多くのエージェント、多くの求人に触れることで応募する会社を選ぶのに時間がかかったりして効率が悪くなる可能性もあります。

スピード重視で転職を考えている方は初めから一つに絞っての転職活動をおすすめしています。

転職エージェントに複数登録するデメリットはある?

転職エージェントに複数登録するデメリット

転職エージェントを複数登録することは、メリットばかりではありません。

いくつかの注意点やデメリットも存在します。

デメリットとなるポイントをしっかり対処しなければ、メリットを享受するどころか、逆効果となってしまい転職活動に影響してしまいます。

ここでは、複数の転職エージェントに登録する際に気を付けるべきポイントについて、まとめてご紹介します。

複数のエージェントと連絡をとる手間がある

登録している転職エージェントが増えると、その分、各社毎にやり取りをする必要が生じて手間となります。

転職エージェントとの日程調整だけでも、複数あると大変ですが、活動が進むと各社毎にこなさないといけないタスクがどんどん増えていきます。

履歴書や応募に必要な書類、面接の日程調整などを複数のエージェントと進めることになります。

また、各社との調整を進める上で、どの転職エージェントとどの話をしたかを抑えておくことも重要となります、

例えば、5社の転職エージェントに登録した場合、5社それぞれから求人情報を紹介されることになります。

紹介された各企業の細かい情報や、業界情報など、紹介元以外のところで相談しないように、5社それぞれに整理しておく必要があります。

このように、転職エージェントに複数登録することでとても忙しくなることが予想されます。転職活動を進める上では、十分に時間を取って活動をスタートさせましょう!

情報の取捨選択が必要

転職活動で複数の転職エージェントから多くの情報を得ると、矛盾するような意見やアドバイスを受けることがあります。

どの情報を信頼するのか、自分の中で正しく整理し、取捨選択していく必要があります。

では、どのような場合に、自分の中での判断が迫られるのか、具体例を挙げてみます。

例えば、以下のようなケースです。

<システムエンジニアに転職を希望している第二新卒に対して>

転職エージェントA社「システムエンジニアはとても不足しており需要が多いです。年収も高まり将来性もある人気の職種でお勧めです。

転職エージェントB社「システムエンジニアはとても大変です。仕事が忙しく、案件によっては大きなトラブルもあり苦労することもあります。そのせいか、慢性的に人が足りてない状況です。あまりお勧め出来ません

それぞれ別の転職エージェントからこのように一見、矛盾した事を言わればとします。

これらの情報に対して、正解はどっちなんだ、と探しても明確な答えはありません。

なぜなら、どちらもある意味で正しい事を言っているからです。

どのような職種でも、視点を変えればポジティブにもネガティブにも表現出来てしまうので、自分なりの判断基準を持って活動を進めることが重要です。

人生の掛かった大事な転職活動ですので、自分できちんと情報を管理して前に進めていきましょう!

利用費用がかかる場合の金銭的負担がある

転職エージェントの中には、サポート費用や紹介費用として料金がかかるエージェントも存在します。

そのような状態で複数登録してしまうと、対応する工数がかかる上に費用も嵩むのでおすすめできません。

複数登録する場合は、一つは無料のエージェントでもう一つは有料エージェント、または全て無料エージェントを利用してコストを抑えましょう。

無料のエージェントだと金銭的負担もありませんので、上手に併用して良い転職先を見つけましょう。

そもそも転職エージェントの複数併用が不要な人とは?

そもそも転職エージェントの複数併用が不要な人とは?

この記事の初めに、転職エージェントは複数併用がおすすめ!とお伝えしました。

しかし、全ての人に複数登録がおすすめというわけではありません。ご自身の状況によっては必要ない方もいます。

実際にどんな方が必要ないのかをここではご紹介いたします。

担当者との連絡などに避ける時間が少ない人

転職エージェントの担当者との連絡ややりとり、紹介された求人のチェックなどは時間がかかる場合があります。

現職も忙しく、転職に避ける時間が本当に限られているという方は、初めから転職エージェントは一つに絞って探す方がおすすめです。

少ない時間の中で複数のエージェントとやりとりを行いやっていき、時間的な余裕がなく結局転職を諦めてしまったという方も実際にいます。

そのようにならないために、時間は有効活用しましょう。

実際に、どう絞るの?と悩んでいる方のために幾つかポイントをご紹介いたします。

  1. 担当者のファーストコンタクトの対応で選ぶ
  2. レスポンスの速さで選ぶ
  3. 口コミや評判で選ぶ
  4. 希望の求人があるかで選ぶ

ポイントとしては、転職への意欲はあるが転職に避ける時間があまりないということを担当者に伝えておくだけでも早く対応してもらえたりする場合があります。

そこで、対応の早さや質、初めに送られてきた求人が伝えた希望と合っているかなどを判断材料として絞ってみても良いでしょう。

既に選考段階まで進んでいる人

もしあなたが既に転職エージェントで選考段階で面接や書類選考などに進んでいる場合は、新規でエージェントに登録するということはムダになる可能性があります。

選考段階に既に進んでいる場合は、一旦現在進行している面接などを優先して行いましょう。

よくありがちなのが、保険として違う企業などを受けたりするということですが違うエージェントを利用すると、進め方や対策なども違うので結局どちらも中途半端になってしまうことが多くおすすめはできません。

ですが、担当エージェントの力不足や情報不足などで不安だなと感じた時は、迷わずに転職エージェントや担当者の変更を申し出てましょう。

担当者の変更などはあることで、より良い転職先を見つける上で良いエージェントを利用するということはとても大切です。

複数登録していることは担当者に伝えるべき?

複数登録していることを担当者に伝えるべきか

複数の転職エージェントを登録した場合、その事実を、各担当者に伝えても良いかどうか、悩ましいところですね。

結論、伝えてしまう方がメリットもあり楽になります。

どうして伝えるべきかを解説します。

転職エージェントから聞いてくる場合が多い

大抵、転職エージェント側から、他社への登録があるかどうかを聞いてきます。

人によっては、このタイミングで「何社も登録しているとわかったら、気を悪くしないだろうか」「他社利用があるからと言っていい加減な対応になったらどうしよう」と、不安になる方もいるのではないでしょうか。

結論、複数登録している事を正直にお伝えすることが正解です。

ここで隠してしまうと、転職エージェントにも気を使いながら転職活動をする必要が出てしまい、負荷になってしまいます。

大事な転職活動に対して、必要以上に負荷をかけたくありませんよね。

また、複数登録をしている事を隠しながら会話を進めると、情報の管理がより一層大変となってしまいます。

一方で転職エージェント側としても、複数登録している可能性を十分に理解して聞いてきているので、それに対して不満に感じる担当者なら、プロ意識が足らないと言えます。

エージェントの複数併用は担当者に伝えてOK!

転職エージェントには、複数登録を伝えることは全く問題ありません。

それは業界の中ではよくあることですし、むしろ、転職エージェントの立場からみると、他社比較されていると感じて、よりサービスレベルを高めようと意識します。

また、転職エージェントからみると、複数社登録しているという事は、この求職者は転職に対して本気で取り組んでいるんだ、と感じます。

つまり、複数社登録していると転職エージェントに伝えることで、むしろ転職エージェント側もやる気が出るのです。

堂々と、複数社登録していることを伝えていきましょう!

複数のエージェントで選考まで進む場合は注意

ぶっちゃけ、複数のエージェントで選考まで進むのはおすすめできません。

  • 内定が被った時に面倒
  • やりとりを行う連絡が大変
  • 担当のエージェントから優先度が低いと思われて良い対応をしてもらえない可能性もある

先ほど「複数のエージェントを利用していることを伝えてもOK」とお伝えしましたが、これは登録を行って提案してもらっている段階でのお話です。

選考に進む段階で掛け持ちをしているとなると、担当者は内定を断られる可能性も考えて優先的に良い転職先を紹介してもらえなくなる可能性もあります。

しっかりと対応をしてもらうためにも、選考段階では一つのエージェントに絞れるようにしましょう。

【複数登録OK】全て登録して損はない転職エージェント3選!

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、総合的にみてとてもバランスの取れた転職エージェントです。転職までトータルサポートしてもらえるので、満足度は高めです。また、マイナビには独占求人も多数あるので、他社では出会えない魅力的な求人を探すことができるかもしれませんよ。

求人数 提案力 満足度

 3.5 / 5

 3.7 / 5

 3.6 / 5

おすすめの年齢層 20代前半〜40代後半まで
対応地域 東京、横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡
おすすめポイント 業界でもトップの求人数を誇る大手転職エージェント。非公開求人も豊富に取り扱っているため自分に合った転職先が見つけやすい!

ワークポート

 

ワークポートは特にITやweb系に強い専門の転職エージェントですが、他分野もしっかりと網羅しているのが特徴。転職決定人数No.1の実績があるので、利用者も多く、登録しておいて損はない転職エージェントとなります。

求人数 提案力 満足度

 3.9 / 5

 4.2 / 5

 4.0 / 5

おすすめの年齢層 20代前半〜40代後半まで
対応地域 東京、横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡
おすすめポイント IT系での転職を考えているならおすすめ!専門のスタッフが対応するので、相談もしやすい。履歴書・職務経歴書
作成ツール「レジュメ」が利用できて転職を全面サポートしてもらうことができます。

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントが、リクルートエージェントです。専門のキャリアアドバイザーに転職をまるっとサポートしてもらうことができます。非公開求人も10万件近くあるので、求人数で選ぶならリクルートエージェントです!

求人数 提案力 満足度

 4.6 / 5

 4.1 / 5

 4.3 / 5

おすすめの年齢層 20代後半〜40代後半まで
対応地域 全地域に対応
おすすめポイント リクルートエージェントは、求人数も多く業種もとても幅広く取り扱っています。実績がある転職エージェントなので、転職が初めての方にもおすすめです。

転職エージェントを複数登録する上で気をつけるべき3つのこと

転職エージェントを複数登録する上で気をつけるべきこと

①担当者が合わない場合は担当者変更を依頼する

自分と合わない転職エージェントの担当者だったら、すぐに変更依頼をしましょう。

時間が経つほど、心理的に変更依頼を切り出しにくくなります。

転職エージェント側も、コミュニケーションの回数が多いほど、引き継ぎの負荷は大きくなります。

こちら側としても、相性の合わない担当者がいると、コミュニケーションの負荷となり、転職活動に支障を来す場合があります。

転職エージェントを複数登録していると、何社もの担当者とやりとりが発生し、ただでさえ煩雑になるので、できるだけ相性の合う担当者で揃えていくことで、負荷の軽減を図っていきましょう。

担当者の変更依頼は、メールで実施可能です。

変更をお願いしたからと言って、電話で引き留められたり、文句を言われたりと言うことは普通ありません。逆に、そんな事をしてくる担当者だったら、尚更、変更してしまって正解と言えます。

転職活動において、時間はとても貴重なものなので、早めの決断が重要と言えます。

②日程管理を気をつける

複数社登録していると、日程管理がとても大変になります。

それぞれの転職エージェント毎に、打ち合わせの日程調整から、書類の添削、面接対策、求人に対する申込みの締め切り、面接日程の調整などが入ってきます。

例えば、5社の転職エージェントに登録して、求人を3社づつ申し込むとすると、15社の企業に対しての転職活動を並行して行うことになります。

それぞれのタスクの締め切りを意識して、優先順位をつけて対応していく事が重要です。

 例)本命企業グループ、滑り止めグループ、練習台グループと分けて、先に練習台グループを数社受け、感覚を掴んだ上で、本命企業に全力投下する、並行して滑り止めになりそうな企業群の面接をこなす、と言うように、メリハリをつけていきましょう!

③異なるエージェントを介して同じ求人に応募しない

最も避けなければいけないのが、応募先が重複してしまうことです。

万が一、別の転職エージェントから同じ企業へ応募してしまうと、その情報は、大抵は全く同じ採用担当者の元に届きます。

そうなると、採用担当者からは「複数の取引先を適切にコントロールすることも出来ない人なんだ」「雑な仕事をしてしまうのではないか」という印象を受けてしまい、考えすぎとも取れますが、面接などが不利に働いてしまう可能性があります。
また、転職エージェント各社にも、ネガティブな印象を持たれて信頼を失う結果となり、今後の転職活動にも影響してしまいます。

<この記事もよく読まれてます>

【2021年最新】IT業界未経験におすすめの転職エージェント
【2021年最新】ベンチャー転職に強いおすすめ転職エージェント7選!

【まとめ】転職エージェントは賢く複数利用するのがおすすめ!

ここまでご紹介したように、転職を成功させたいなら、転職エージェントを複数登録すべきです。

何社もの転職エージェントとやりとりする事で、情報を十分に集めて、自分に最も会う企業を見つけ出すことが出来ます。

また、相性のいい転職エージェントと巡り合うことができれば、面接対策も進めやすくなります。

複数登録しておくことで、シーンに応じて、どこからどんな情報をとるか、初歩的な相談はどこにして、専門的な質問はどこにするか等の使い分けも可能になります。

一方で、注意点として、複数社との調整が発生することで煩雑になる点や、情報が増えすぎることで取捨選択が必要になる点、応募先の重複リスクなどが発生します。

これらのデメリットに気をつけつつ、担当者変更や、日程管理、応募先の重複をしない事に、それぞれ気をつけていき、複数の転職エージェントとうまく付き合うことで、転職の成功確率はグッと上がります。

ここまでご紹介した内容を意識して取り組み、転職を有利に進めましょう。/

 

転職エージェントおすすめ3 転職エージェントおすすめ1転職エージェントおすすめ2転職エージェントおすすめ3