SE(システムエンジニア)になるには?未経験からなる方法や役立つ資格について解説!

SE(システムエンジニア)になるには

発展するIT・Web業界で、今後SEを目指し、キャリアアップしていくためにはどうしたら良いかと悩んでいる方も多いことでしょう。

この記事では、SEになるための方法やキャリアパス、学習方法や、有益な資格などについて詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、今後SEとして長く活躍するための条件や資質が確認できるでしょう

SE(システムエンジニア)とは

SE(システムエンジニア)とは

システムエンジニア(以下、SEと呼びます)とは、各種ITシステムの開発・構築に際して、クライアントにヒアリングを行い、その要求に最適となる仕様のシステムを開発する職種を指します。

SEの仕事の概要としては、開発の現場において各種ITシステムの設計や、プログラミング開発などの業務を実施するとともに、必要な人員や予算などを導き出し、納期に合わせた進行管理を行うことが挙げられます。

また、システムエンジニアはプログラマーの上位職であるため、プログラマーのリーダー的ポジションでもあります。

システムエンジニアについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

関連記事

発展するIT・Web業界で、今後SEとしてキャリアアップを目指すにはどうしたら良いかと悩んでいる方も多いことでしょう。また、そもそもSEとは何かをあまり理解してない人も多いのではないでしょうか? この記事では、SEの仕事内[…]

SE(システムエンジニア)とは

SE(システムエンジニア)のキャリアパス

SE(システムエンジニア)のキャリアパス

エンジニアのキャリアパスとしては、一般的にはプログラマーからSEへ、そして更にプロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)というのが基本の構図です。

最近では、より一層専門性の高い知識を求められるケースも多くなっているため、PLやPM以外にもITスペシャリストITコンサルタント、またITアーキテクトなどといったポジションを目指す人が増えている状況です。

プログラマーからのキャリアアップが一般的

一般的に、プログラマーとして業務をスタートしてから、次のステップとしてキャリアアップを目指す人は、SEを目標としている場合が多い状況です。

プログラマーの仕事は下流工程と呼ばれ、それぞれのシステムを実際に作ったり、日々の運用・保守業務などを主に担当します。

これに対して、SEはプログラムの設計と仕様書を作成するなど、情報システム開発における上流工程を担当します。

また、予算や人員、進捗管理などのマネジメント業務を担当する場合もあります。

このため、必然的に下流工程から上流工程へ、すなわちプログラマーからSEへのキャリアアップを志向するのが一般的となります。

なお、プログラマーとSEを比較すると、年収面でも概ね100万円ほど差があるのが現状です。

経験を経てプロジェクトマネジャーやITスペシャリストへ

SEとして業務経験を積んだ後は、更に上位の工程を担当するポジションへのキャリアアップを目指すことになります。

こうした上流工程におけるマネージャーのポジションは、一般的にPM(プロジェクトマネージャー)と呼ばれます。

PMは開発現場の責任を負う立場として顧客との交渉を行い、人員・予算・納期といった、経営に近い立場の業務を担当します。

そして、プロジェクトを成功に導くための現場管理・マネジメントを主に担当するのがPL(プロジェクトリーダー)です。

PLは、案件ごとに必要な人員やスキル、また予算や納期といった社内リソースを考慮しながらクライアントに提案をしていくので、最終的なチェックを行う立場として重大な責任を負っています。

会社の規模によっては、PMがそのままPLを兼任する場合もあります。

PMやPLができるスキルがあればどこでも仕事ができるので、将来はフリーランスとしても働くことが可能であり、企業におけるキャリアパスとしても出世コースです。

SE(システムエンジニア)になるには

SE(システムエンジニア)になるには

SEになるには、まず最初はプログラマーとしての経験を積み、徐々に設計などのスキルを身につけて、キャリアアップしていくのが一般的です。

そのため、未経験の状態から始めるのであれば、まずは書籍や学習サイト、また資格の勉強などを活用して、システム開発の基礎となるスキルを習得する必要があります。

この記事では、SEになるために求められるスキルや独学の方法、また役立つ資格などについて解説していきます。

新卒採用でSEとして採用される

IT・Web業界といえば、SEが何といってもその代表的な職種となります。

SEは、コンピュータシステムの企画や設計、また構築などに携わる仕事がメインとなりますが、こうしたSE業務の最上流に位置する要件定義の際には、文系の力量とセンスが非常に大切なポイントとなります。

クライアントとの打合せや、システムの企画から開発にいたるまでに必要な期間や人数、また費用などを策定する要件定義の場面では、コミュニケーション能力が最も重要視されるため、文系出身者が活躍している場合が多いのです。

また、クライアントとの交渉における最前線のポジションであるIT営業職や、人事・総務・経理といった管理・事務部門では、むしろ理系より文系社員のほうが有利となります。

このため、文系は理系よりもむしろ、SEとして多数採用され、IT業界で活躍できる分野も多岐にわたっています。

プログラマーからキャリアアップする

SEはプログラマーの上級職に位置付けられているため、まずはプログラマー経験を経て、その後SEを目指すのが一般的です。

そのため、プログラマーの未経験者が当初からいきなりSEとして採用され、要件定義などの上流工程を一任されれることは現実にはほとんどありません。

これからSEを目指すのであれば、まずはプログラマーとして企業に就職し、一定の経験を積んでから、SEにキャリアアップする方法を選択するのが現実的です。

未経験からSE(システムエンジニア)になるには

SE(システムエンジニア)に未経験からなるには

未経験からSEを目指す際に、例えば転職サイトなどをチェックすると、未経験可としているITエンジニアの募集案件も数多くあります。

未経験者を受け入れている企業では、研修に際しても様々なカリキュラムなどが用意されている場合が多く、最初から独学で技術スキルを磨くよりも、短時間で効率的に身につきやすい環境が用意されています。

ただし、未経験から始める場合には、テストや運用・保守を中心として、プロジェクトの下流工程を担当するケースも少なくありません。

このため、求人に応募する際には、必ずそれぞれの業務内容を確認しておくことが大切です。

いずれにせよ、一定のプログラミングスキルや、ITに関する基本的な知識、さらには論理的思考力などを準備しておく必要があります。

書籍で勉強する

書籍を用いて勉強することは、自助努力ともなり、また書籍には必要となる情報が体系的にまとめられているため、自分が必要とする知識を補強するためには最適の方法です。

例えばプログラミングスキルなど、スキルを習得する際に、様々な疑問が生じた場合、それを現場で柔軟に解決するには難しいという難点もありますが、知識習得という観点からは非常に有用となります。

以下に、いくつか参考となる書籍を挙げていきます。

SEの基本 この1冊ですべてわかる [ 山田隆太 ]

SEに必要な基本スキルである、テクニカルスキルマネジメントスキルまたヒューマンスキルについて細かく解説されており、SEとして勉強を進めるためには代表的な書籍です。

SEとしての心構えなどについても解説されているため、SEを目指す人が最初に読んでおくべき書籍として最適です。

21世紀最強の職業 Web系エンジニアになろう AI/DX時代を生き抜くためのキャリアガイドブック [ 勝又 健太 ]

豊富なキャリアと幅広い経験を保持する著者が、IT・Web系のエンジニアに関する重要なトピックを、可能な限り現場の実態に即した形で、また包括的かつ具体的に解説した本です。

プログラミング未経験や初学者、また新人エンジニアが、Web業界やWeb系エンジニアの全体像と、それぞれに必要とされるスキルやキャリアを把握できます。

ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの新人研修 エンジニアになったら押さえておきたい基礎知識[本/雑誌] / 川添雄彦/監修 飯村結香子/著 大森久美子/著 西原琢夫/著

NTTの新人研修に採用された書籍でもあり、初心者向けに、システム開発における各工程の役割などについて丁寧に解説されています。

このため、システム開発の全体像を把握することが可能です。

ピープルウエア第3版 ヤル気こそプロジェクト成功の鍵 [ トム・デマルコ ]

SEとして押さえておくべき、ヒューマンスキルを中心に解説しています。

各種情報共有の方法や、リーダーシップをとるための方法、またチームメンバーに対する業務指示方法など、チーム開発を進める上で必要となる様々なコミュニケーション手法を学習することができます。

学習サイトを活用する

書籍と並んで推奨されるのが学習サイトです。

学習サイトは、動画などを中心とする視覚的コンテンツが多く、受講者が気軽に学習できるため、ここ最近では注目されている学習手段といえます。

PCをはじめ、スマートフォンタブレット端末でも簡単に学習できるため、平日でも通勤時間や就寝前の時間など、短時間でもうまく活用して、効率的に学習が可能です。

書籍と併用して活用すれば、知識やスキルの習得が更に向上するでしょう。

以下に、代表的な学習サイトについて解説します。

Progate

ユーザー数が100万人をはるかに超える、初心者向けのプログラミング学習サイトとして有名です。

2014年にサービスが開始されましたが、現在ではプログラミング学習の登竜門と言われるまでに広く普及しています。

「初めてのプログラミングはProgateから始める」というキャッチフレーズにまでなっています。

以前は限られた人しかできない、専門性の高いスキルとされたプログラミングを、Progateの登場によってその敷居を下げたと評価されています。

ドットインストール

プログラミングを包括的に学べる学習サイトで、各レッスンは3分程度の短い動画によって構成されています。

プレミアムプランを選択すれば、オプションとして動画での不明点などを質問することも可能となります。

ここで公開されているプログラミング言語は、CJavaScript、またRubyなど、ジャンルも豊富です。

また、Goを始めとする比較的新しい言語にも対応しており、これらのコンテンツが無料で受講できるため、人気を集めています。

Udemy

オンラインの教育プラットフォームサイトで、プログラミングやデータベース、またネットワークなど、さまざまな技術について動画で学ぶものです。

SEに不可欠となる、システム開発のスキルを学ぶ場合には、JavaC#といった人気のプログラミング言語の他、最近注目されている、Pythonのコースも学習できます。

価格的には、ほとんどのコンテンツが1,000円~2,000円台と、書籍を購入するのと比べてもコストパフォーマンスが高いです。

Youtube

言わずと知れた世界的動画サイトです。

ここでも数多くのIT・Web系の学習サイトが多数、無料で掲載されています。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通うことも、大切な選択肢のひとつとして挙げられます。

お薦めと断言できるスクールは、DMM WEBCAMP COMMITと、テックキャンプ エンジニア転職の2つとなります。

どちらのスクールも人気のため、常に混み合っていますから、受講に際しては早めに申込む必要があります。

テックキャンプ

主に30代以上を中心とした利用層に強く、また、このスクール受講を通じた転職実績も豊富です。

ITエンジニアは比較的高収入で、また様々なスキルが身につくため、受講後は仕事探しに困ることがありません。

一般的に若い人ほど転職に有利となるため、興味があれば、まずこちらに無料相談すると良いでしょう。

DMM WEBCAMP

20代の転職に強みを有するスクールです。

働きながら受講できる「DMM WEBCAMP 土日・夜間講座」もあり、将来が不安だったり、職種を変えたいと考えている人に大人気となっています。

なお、受講場所は渋谷校のみであり、また受講できる人数も限定されているため、早めに相談し、予約が必要です。

SE(システムエンジニア)に役立つ資格

SE(システムエンジニア)に役立つ資格

SEとして活動する上で役に立つ資格について、以下に解説していきます。

国家資格・ベンダー資格・ベンダーニュートラル資格などがありますが、取得すれば、転職の際に大きな武器となります。

基本情報技術者試験

情報処理推進機構(IPA)が運営する国家試験です。

システムの仕組みやテスト技法といった、ITエンジニアとして必要となる基礎的な知識を身につけられます。

合格率は20~30%程度ですが、この資格を取得し、ITに関連する基本的な知識が身についたら、ステップアップを目指して次の上位資格にチャレンジしていきます。

応用情報技術者試験

基本情報技術者試験の上位に位置づけられる試験です。

開発プロジェクトにおける、主要メンバーとして活躍できるスキルが備わっていることが証明できるため、中級レベル以上の技術力を有するエンジニア向けの資格試験です。

プログラマーとして、一定のスキルを身につけた後は、この資格を取得して、さらに上流工程を目指すことができます。

システムアーキテクト試験

トップクラスのSEとして、上流工程を指導・監督する立場を目指す人に最適の資格で、IPAが主催しています。

試験は毎年1回、全国各地の試験会場で実施されます。

直近の資格取得者数は年間で800人以下、合格率は約14%という難関資格で、それなりにしっかりとした勉強量が必要となります。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークにおける固有技術から、サービス動向まで幅広く精通し、それぞれのプロジェクト目的に適合できるための資格試験です。

大規模、かつ堅牢なネットワークシステムを構築し、さらに運用できるネットワークエンジニアや、インフラ系エンジニアを目指すには最適の資格試験です。

国家資格であり、この資格を有していれば、毎月の報酬額が約1万円以上付加されます。

上記のような資格を含め、網羅的に紹介したサイトを下記に紹介します。

関連記事

職場のIT化、自動化が進み”クビ”になったりしないかな、、、? 必要とされるITの資格を手につけ転職した方がいいかな、、、? こんな悩みを抱いていませんか? この記事を読めば、IT転職に有利になる資格10個を理解でき、不安で一歩を踏み[…]

IT転職が絶対に有利になる資格10選

まとめ ~SE(システムエンジニア)になるには?未経験からなる方法や役立つ資格について解説!~

SEになるための方法や、これに伴い必要となる求められるスキル学習の方法、また、役立つ資格などについて解説しました。

SEを目指すためには、まずはプログラマーとしての技術力をしっかりと身につけることがポイントとなります。

SEには、要件定義などの上流工程スキルが求められるため、経験を積みながら、有力な書籍学習サイト、またスクールなどを受講し、必要となる資格も取得しながら、徐々にスキルアップを目指しいていきましょう。

転職エージェントおすすめ3 転職エージェントおすすめ1転職エージェントおすすめ2転職エージェントおすすめ3