【例文あり】IT業界未経験のための志望動機の書き方を分かりやすく解説!

IT未経験志望動機の書き方

未経験の業種・職種にチャレンジして、自分のスキルを上げていきたい!と考える人は多いものです。IT業界にも未経験歓迎を謳っている求人は多く、実際に未経験からスタートして活躍している人もいますので、挑戦して可能性を探っていくのはよいことでしょう。

しかし、注意しておきたいポイントを抑えなかったことで「こんなはずではなかった…」「もっといい働き方があったのかも…」と後悔するケースも絶えません。

今回は、未経験でIT業界に転職する際の注意ポイントについて解説します。

未経験者がIT業界を志望する上で注意する4つのポイント

未経験者がIT業界を志望する上で注意するポイント

まずは、未経験者がIT業界を志望する上で注意しておきたいポイントについてピックアップしてみました。面接の通過率を上げることはもちろん、入社後にミスマッチが生じないよう、今のうちに確認しておきましょう。

IT業界の構造は理解しておく

事前にIT業界の基本的な構造を理解しておきましょう。同じIT業界でも、インターネット業界・通信業界・ソフトウェア業界・ハードウェア業界・情報処理サービス業界など、さまざまな種類があります。

それぞれが完全に独立しているわけではなく、相互に影響を与え合いながら発展してる業界ではありますが、「なんとなくIT企業のイメージがいいから」「かっこよさそうだから」という安易な理由だけで進まず、一定の知識をつけておくことも肝心です。

プロ野球観戦に興味がある!と言っているのにプロ野球選手を全然知らなかったらマズいですよね?それと同じですので、ある程度の知識は事前に身につけておくべきです!

こちらの記事の最後に、IT業界の構造や知識、企業名などについて紹介、解説した記事のリンクを貼っております。

是非、ご覧頂いて皆様のIT業界への理解をより深いモノにしてください!

会社の仕事内容を把握しておく

もちろんですが、志望する会社ごとに、必ず仕事内容を把握しておきましょう。依頼主である企業のインターネット広告やマーケティングを請け負う会社もあれば、通話・インターネット回線・無線回線などの通信インフラを整備する会社もあります。また、企業向け・一般向けそれぞれにアプリケーションやソフトウェアを開発している会社もあれば、パソコンやスマートフォンなどデジタル端末そのものの開発・生産をしている会社もあります。

一口に「IT業界」といっても、幅が広いことが分かりますね。

業界の構造を理解しておけば、希望する会社が「誰に」「何を」「どうやって」売っているかを理解する際にも便利です。

未経験であることは隠さなくてよい!知ったかぶりはNG

「未経験=不利」と考えてしまいがちですが、転職の際には正直に話しておくことが肝心です。無理に隠したり繕ったりせず、自発的に学ぶ前向きなハングリー精神とポジティブシンキングをアピールするのがよいでしょう。

特定の経験・スキル・職歴・実績を求める求人でない限り、採用側は未経験者が応募してくる可能性をあらかじめ予測しています。専門知識やノウハウが必要な業界だからこそ知ったかぶりはすぐにバレてしまいますから、できる範囲での業界分析・企業分析だけは必ずしておきましょう!

どの職種で活躍・貢献したいかを自己分析の時に決める

IT業界にはさまざまな職種があります。Webデザイナー・エンジニア・プログラマー・コンサルタント・アナリスト・マーケターなどIT業界ならではの職種もあれば、営業や総務・経理など、どの業界でも欠かせない職種も存在します。

どの職種に就きたいのか、どうしてその職種に興味があるのか、どんな活躍をしたいのか、どうやって貢献したいのかについて徹底的に自己分析しておけば、面接の際に論理立てて話しやすくなるでしょう。未経験でも会社に貢献してくれそうな人材だと判断されれば、内定率もグッと高まります。

未経験者がIT業界への志望動機で絶対に意識しておくべき3つのポイント

未経験者がIT業界への志望動機で絶対に意識しておくべき3つのポイント

では実際にIT業界に応募するに当たり、志望動機の面で意識しておきたいポイントを解説します。人事や採用担当者が特に気にするポイントでもありますので、事前にしっかり押さえておきましょう。

①なぜIT業界、なぜその企業なのかを明確にする

なぜIT業界に就職したいのか、なぜその企業を志望しているのか、まずは箇条書きでもいいのでリストアップしてみましょう。

業界分析をする際には、ここ10年程度の成長度合い・世間から求められていること・今後の可能性などに目を向けると分かりやすくなります。企業分析をする際には、同業他社と比較して優れている点・劣っている点・今後の成長戦略について自分なりに考えながら、経営層のプロフィールや理念・ビジョンを調べていくと効果的です。

未経験だからこそ高い志望度をアピールし、本気な気持ちを伝えていきましょう。

②未経験ならではの強みや、自分の強みをどう生かせるかをアピール

未経験ならではの強みや自分の長所を上手くアピールできるよう、自己分析も欠かせません。

企業がわざわざ未経験を採用するのは、これまで社内になかった新しい考えの誕生や、他社に染まっていないフレッシュな発案に期待しているからです。1から教育しながら専門的なノウハウを身につけさせることで、長く貢献してほしいという狙いもあるでしょう。

コミュニケーション能力・提案力・発言力・主体性・実行力・課題発見力・計画性・傾聴力など、さまざまな項目ごとに自分を見直してみると、可視化しやすくなります。

③会社で何をしたいのか、実現したいことは事前に考えておく

入社後に何を実現したいのか、事前にイメージしておきましょう。会社にどう貢献するかという「働きっぷり」の部分でも構いませんし、自分がどう成長して、どう働いていくかという「働き方」の部分でも構いません。

転職することで何をどう変えたいのか具体的な構想をアピールできれば、「採用すればメリットがありそうだ」と思わせられます。

また、入社することになったら、実現したいことが仕事へのモチベーションに繋がるというのは、当たり前ですが、よくあります。

逆に実現したい事や目標が明確でないとモチベーション、やる気に繋がらず、再度、転職をしてしまうといった最悪の展開にもなりかねないので、実現したい事、ないし、目標は必ず事前に考えておくものです。

【未経験】IT業界への志望動機の例文を3つ紹介

IT業界への志望動機の例文

ここでは、未経験の人がIT業界に転職する際の志望動機について、具体例を紹介します。

例文①自分の長所を示す

「元々新しいものが大好きで、新発売の商品や流行りものにはとにかくたくさん触れています。これまで常識とされていたことがあっという間に変わったり新しい価値観が次々に生まれるのはIT業界だからこそだと感じ、今回志望させていただきました。

固定の価値観に囚われず常に新しい道を探っていくと共に、ニュースや世間の動きにも目を向け、今後更に時代から求められる会社になるよう、貢献していきたいと考えております」

自分の性格面や行動面での長所をリストアップし、業界が求めている人物像と合致しているポイントをアピールする方法です。ただ長所を伝えるだけではなく、それを使ってどう貢献できるのかを組み込んでいけば、更に説得力のある志望動機になるでしょう。

例文②業界・職種への興味を示す

「スマホ1台でいくらでも情報が入手できる時代において、Webマーケティング戦略で勝ち続けることこそが企業の成長に欠かせないと感じています。自分自身、アクセスしたページが何となく見づらくて面倒になり数秒で離脱してしまったり、サービスがよくても使い勝手が悪くてリピーターにならなかったり、無意識のうちにWebページの良し悪しでサービスを選んでいると感じたことがございます。

Webデザイナーとしてユーザーが深層心理で何を求めているか知り、どういうサイトが評価されるのか、商材・サービスごとにどんなアプローチが有効なのかを探っていくことで顧客企業の力になれたらと思い、さまざまな業界からオーダーをいただいている御社に応募させていただきました」

なぜその業界・職種に興味を持ったのか、素朴な疑問や発見に切り口を見出してアピールする方法です。自分のスキルアップを図ることはもちろん、そのスキルを使って貢献する姿勢を示せば評価してもらいやすくなります。

例文③その企業だから入社したい!という志望度を示す

「前職の教育業界において、小中学生に対するプログラミング教育熱が上がっているのにも関わらず、実際に子どもたちが使いやすい・学びやすいコンテンツが十分に供給されていないことに疑問を抱いておりました。同様に、タブレットを使った教育の場でも、教師や保護者や十分にツールを使いこなせていないという実情を目にしています。

御社は子ども向けのプログラミング教材やアプリの開発に早い段階から着手し、業界のパイオニアになっていると伺っています。教育現場からの目線を入れながら開発に貢献し、子どもの知的好奇心を刺激できるような取り組みができたらと思い、志望致しました」

一見、ITとは関係ないように見える職歴でも、過去の経験からIT業界やその企業に興味を持ったきっかけについて話す方法です。その会社が得意としているポイントに目を向け、自分の経験や知見を使って別角度から貢献する姿勢をアピールするのもよいでしょう。

【重要】もし、志望動機が不安だったら、、、

もし、志望動機が不安だったら

どうしても志望動機が思いつかない…

これで効果的な志望動機になっているのは分からない…

という場合の対策について、紹介します。

志望動機などの添削が可能な転職エージェントに登録する!

転職について不安や心配がない人はほぼいないと思われます。ですので、転職については転職のプロと一緒に決めていく事が一般的ですね。一人で転職活動を行っても全く問題はありませんが、転職のプロに相談すれば自分では知らなかった情報や非公開求人を紹介してもらえるなど様々なメリットがあります。

また、特に効率的なのは、志望動機の添削を請け負ってくれる転職エージェントを活用することです。転職エージェントのなかには、応募書類・履歴書・職務経歴書の添削や、業界分析・企業分析・自己分析のサポート、模擬面接や集団面接対策をしてくれるサービスがあります。

基本的には無料で利用できるサービスばかりなので、煮詰まってしまったら遠慮なく頼ってみましょう!

①マイナビジョブ20`s

マイナビジョブズ圧縮

マイナビジョブ20`sは、人材派遣や就職・転職サポートに強い株式会社マイナビが提供する「20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント」です。

若年層に特化したサービスなので未経験や資格なしで転職に臨む人が多く、担当してくれるキャリアアドバイザーも未経験からの志望動機や転職アドバイスに強いという特徴があります。

利用者数のべ18万人、20代向け求人数1,800件以上(うち未経験歓迎の求人が1,200件)、入社後の定着率96.8%という数字からも、非常に評価されているエージェントであることが分かります。

②リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人広告や人材派遣をはじめとして多角的なITソリューションサービスを生み出しているリクルートホールディングスが提供する転職エージェントです。

転職支援実績No.1のノウハウを活かして業界最多クラスの求人数を扱っており、一人ひとりの向き・不向きや希望に合わせて最適な案件をピックアップしてくれます。電話面談可能・土日や平日夜の相談もOKなため、在職中に転職活動したい人にも向いています。

③ビズリーチ

ビズリーチ圧縮

ビズリーチは、転職サイトや人材活用プラットフォームが有名な「株式会社ビズリーチ」が提供する転職エージェントです。

誰もが名を知っている超大手企業からベンチャー企業・スタートアップ企業まで幅広く取り扱っており、ヘッドハンターによるスカウトシステムが充実しています。

即戦力・ハイクラス重視の転職エージェントではありますが、一見IT企業の業務に直結しないと思われる職歴であっても実は自分の気づかないところで役立つというケースは多いです。転職やキャリア育成に強い専門のエージェントが直接それを見抜きスカウトしてくれるため、まだ見ぬ自分の価値に気づきたい人におすすめです。

④UZUZ

uzuz-min

UZUZは、人材紹介やITスクール事業を担う「株式会社UZUZ」が手掛ける転職エージェントです。

第二新卒・既卒・フリーター・新卒に強く、若手に特化した就業サポートを行っています。職歴にブランクがあったり未経験の業種・職種にチャレンジしたりする人が多いため、安心して相談しやすい環境が整っています。

また、個性に合わせて二人三脚で転職に臨めるよう、1対1のカウンセリングにこだわっています。ビジネススキル研修や、ITエンジニアになるためのスクールも運営しているため、未経験でIT企業に就職したい人にとって心強い存在です。


冒頭でも紹介した、IT業界の構造や知識に関して紹介している記事がありますので、こちらを参考にして頂いて、面接や就職活動に大いにお役立てください!

IT業界のヒエラルキーとは!?具体的な企業を挙げて徹底解説!

【2021年最新】IT転職に強いおすすめ転職エージェント11選!

【2021年最新】IT業界は今後どうなる?コロナ渦がIT業界にもたらす影響とは?

まとめ~【例文】IT業界は未経験!志望動機の書き方などを分かりやすく解説~ 

IT業界には、未経験からでも確実にスキルアップできる仕事があります。業界の構造を知り、入念に自己分析することで、「未経験でも力になってくれそう!」と感じてもらうことができるでしょう。

また、入社後に後悔することのないよう、企業選びも慎重に行いたいポイントです。自分1人で転職することに不安がある人は無理せず転職エージェントの力を借り、自分らしい転職を叶えていきましょう!