CATEGORY

IT業界

  • 2021年3月4日

IT業界とは?5つに分類されるIT業界についてわかりやすく解説!

情報通信産業と呼ばれる「IT業界」は、時代の移り変わりや新たな技術開発に伴い、企業活動の幅を大きく変貌させてきました。 そのため、なんとなく「インターネットを使う仕事かな?」「エンジニアやプログラマーが活躍していそう」というイメージがあっても、具体的な仕事内容や特徴を理解している人は少ないのではないでしょうか。 今回は、IT業界を5つに分類し、それぞれの仕事内容・市場規模・年齢毎の平均年収・代表企 […]

  • 2021年3月3日

Webエンジニアの将来性とは?Web業界の市場規模は5兆を超え、右肩上がりで成長中!

現在転職を考えていて、インターネット・Web業界でWebエンジニアとしてスキルアップしたいが、本当に出来るのだろうかと不安に思っている方も多いことでしょう。 この記事では、Webエンジニアの将来性や業界の成長性、また転職後成功するために必要なポイントなどについて詳しく解説していきます。 この記事を読むことで、Webエンジニアとして成功するためのしっかりとした指標を確認できるので、自信を持って転職活 […]

  • 2021年3月2日

楽天の平均年収は756万!会社の業績や福利厚生、企業風土についても解説

最近話題の「楽天モバイル」でもお馴染みの楽天。2021年4月から「楽天グループ株式会社」に社名変更する予定とのことです。楽天通販、楽天モバイル、楽天カードなどのサービスは一度は使ったことがある人も多いのではないでしょうか。 創業して20数年で日本のトップ企業に成長した楽天ですが、どんな会社か気になる人も多いのではないでしょうか。 本記事では楽天という会社について平均年収や福利厚生、今後の業績見通し […]

  • 2021年1月27日

【志望理由】文系がなぜIT業界を選んだのか?選考を突破する志望理由と内定の秘訣を解説!

IT企業への就職へあたり、自分は文系出身だからどうなのか・・という悩みを抱えている方もいることでしょう。 この記事では、文系出身者でもIT企業への就業が歓迎されるために必要な項目と注意点などを細かく解説していきます。 この記事を読めば、文系のIT企業志望者はより良い就職活動になるでしょう! 文系出身でもIT企業への志望は歓迎される! IT業界と聞くと「理系」をイメージする人も多いことでしょう。実際 […]

  • 2021年1月17日

IT業界のヒエラルキーとは!?具体的な企業を挙げて徹底解説!

2021年に入り、新型コロナウイルスの感染拡大はますます深刻化し、緊急事態宣言下での企業活動や就職・転職活動も大きな影響を受けています。 こうした状況下でも、市場の拡大とテレワークなどへの親和性が高いIT業界への就職・転職は、他の業界と比べると有利といえます。この記事では、IT業界のビジネスの仕組みや独特のヒエラルキー構造を解説することで、これから同業界で仕事をしようと考えている人へ有益な情報を提 […]

  • 2021年1月12日

【2021年最新】IT転職のメリットと未経験のIT転職を徹底解説!

「今の仕事に満足していますか?」 この質問に、あなたは何と答えますか? ひょっとして、現状に少し不満があるのではないでしょうか? こんな風に思ってはいませんか? 思い切って、日進月歩で進化するIT業界にチャレンジしてみるのはいかがでしょう。 未経験だから無理?そんなことはないんです! この記事では、IT業界の概要から将来性、転職するメリット、そして未経験での転職に成功する秘訣をご紹介します。 IT […]

  • 2021年1月10日

【2021年最新】IT業界は今後どうなる?コロナ渦がIT業界にもたらす影響とは?

このように悩んでいませんか? コロナの影響は世界規模にまで及び、その経済的なダメージは計り知れません。もしIT業界でのダメージが大きいとすれば、これからIT業界を志望する人にとって行動を躊躇してしまう要因にもなり得るでしょう。そこで今回は、さまざまなデータを基にIT業界の現状を紹介し、そこから今後の動向や行方を予測していきます。この記事を読むだけでIT業界の将来性が理解できるようになるはずです。 […]

  • 2020年12月30日

【必見】IT業界の魅力とこれからの展望を徹底解説!

今、「IT業界」は転職先候補として非常に有望です。 そこで、なぜIT業界が転職先としておすすめなのか、IT業界の「魅力」やIT産業の「今後の展望」について説明していきます。 また、就職してから後悔しないよう、IT業界が抱える「デメリット」についても解説しますので、ぜひ転職の参考にしてみてください。 IT業界の主な4つの職種 IT業界というと、実際にプログラムを組むエンジニアがまず思い浮かびます。 […]