年収600万の手取りはいくら?実際の生活レベルも公開!

年収600万の手取りはいくら

年収が600万円の場合、手取りはどのくらいになるかご存じでしょうか?

税金や保険料といったものが引かれ、手取り額は思ったよりも少なくなってしまうのです。

年収600万円の生活レベルはどのようなものか、どのような一人暮らしが送れるのか、はたまた結婚して子供ができたらまかなえるのか・・・?

今回はそういった疑問をまとめて解決できる内容を盛り込みました。

ぜひ最後までお付き合いください。

年収600万の手取りとは?

年収600万の手取りとは

年収600万円稼いでも、その全てが手元に残るわけではありません。会社員のお給料からは、税金(所得税と住民税)その他社会保険料が毎月の給与から控除されて振り込まれます。そのため、1年分ともなると大きな金額になります。

実際の手取り額とボーナスの計算方法について、順を追って詳しく解説していきますね。

手取りの額って実際いくらになるの?

では、年収600万円の人の手取りが実際いくらくらいなのかと言いますと、20~40歳の場合で約460~470万円ほどになります。

独身で年収600万円の場合、おおよそですが

住民税 31万円
所得税 20万円
社会保険料 86万円
合計 137万円

住民税は31万円、所得税は20万円、社会保険料(健康保険・雇用保険・厚生年金)は86万円で

手取りは463万円となります。

また、独身の場合より、結婚して配偶者がいたり子供がいたりすると控除額があります。したがって、手取りの金額としては少し高くなります。

配偶者がいる場合は470万円くらい、

配偶者と子供が1人ずつの場合は480万にちょっと届かないくらい、といったところです。

参考:CAREER MEDIA「年収600万円サラリーマンの手取り額と生活レベルを解説」

年収600万の人のボーナスの計算方法は?

ボーナスの支給額は会社によって違うので、今回は

・ボーナス:年2回

・夏と冬のボーナスがそれぞれ2ヶ月(計4ヶ月)

で計算してみましょう。

①年収ごとの月給を算出

まずはボーナスを含めて月給がいくらになるのかを計算します。

ボーナスが4ヶ月分ですので、年収ごとの月給を逆算すると

600万円 ÷ (12ヶ月 + 4ヶ月) = 37万5,000円

となります。

②年収ごとのボーナス(控除前)

先ほどの月給にボーナス月数を掛けると、ボーナスの金額が計算できます。

月給37万5,000円 × 4ヶ月 = 150万円

これで税金が引かれる前のボーナス金額が出せました!

実際はここから、所得税と社会保険料が差し引かれて振り込まれることになります。

税金の詳細の計算方法は割愛しますが、私が計算したところこの場合は

社会保険料21万3,300円(大体の場合ボーナス額に14.22%をかけるとおおよそが出ます)、所得税5万円(年収に対する所得税 ÷ 16ヶ月 × 4ヶ月)になりました。

従ってボーナスの手取りは

150万円 - 社会保険料21万3,300円 - 所得税5万円 = 123万6,700円

です。

参考:税金奉行の税金解説書「年収600万円のボーナスは手取りでいくら?【2021年版の計算結果】」

実際の生活ってどんな感じなの?

実際の生活ってどんな感じなの?

この年収600万という金額は、40代男性サラリーマンの平均的な年収です。仕事で成果を出し、リーダー職、マネジメントクラスなど、部下を統括するようになってくるとこの年収にのってきます。

イメージでは年収600万あれば十分のような気もしてしまいますが、果たしてその暮らしはどのようなものなのでしょうか。

家賃や貯金、生活の実例をご紹介していきます。

家賃相場はいくらが妥当?

家賃は手取り年収の25%を目安にすると良いと言われています。

30%という説もありますが、これは景気が良かった頃の話なので、現代ではもう少し倹約すべきでしょう。

年収600万の人の場合は11万5,000円程度の家賃が適切ということになりますね。

東京の良い立地の物件に住んでいる場合、この程度かかってしまうこともありますが、家賃で11万も出す余裕がある年収ということです。駅近物件を我慢する、急行が止まる駅を避ける、など工夫して頑張って8万円程度に抑えれば、貯金に回せますよ。単身の場合は家賃8万でも十分ですよね。

生活費を除いて実際に使えるお金はどれくらい?

独身であれば非常に余裕のある暮らしになります

だいたい手取りが37万円程度と仮定して、そこから11万円の家賃を払い、生活費として約6万円、5万円貯金するとしても、自由に使えるお金が娯楽費として15万円ほど残ります

利便性の良い立地に住み、定期的な外食や友人・同僚との交際も楽しむ。

そんな、趣味や娯楽にお金を割くことができる生活スタイルが手に入ります。11万超えの家賃の家に単身で住む方はそういないでしょうから、先ほどお伝えしたように家賃を少し抑えて貯金に回すのがおすすめです。

家族がいる場合は、共働きであれば問題ない生活が送れるでしょう。専業主婦(夫)家庭や、お子さんがいるとなると、趣味や外食、娯楽に費やすお金はちょっと我慢が必要です。自由に使うお金を2~3万円程度に抑えると、専ら安定しそうです。

貯金はどれくらいできる? 

一般的に手取りの約10%~20%を貯金している人が多いと言われています。

前述の通り、年収600万円だと手取りは460~470万円でしたね。

とすると、1年間で46万円倹約家の人だと90万円くらい貯金できるというわけです。

年収600万だと将来を見据えた年齢に差し掛かってくる頃かと思います。これまであまり意識してこなかった人は、月々最低5万円~8万円くらい貯金することを目標に、一度生活を見直してみるのも大事です。 

具体的に生活の実例を紹介!

Aさん(手取り36万円):独身、一人暮らし の場合

・家賃:8万円

・水道・光熱費:1万5,000円

・食費:4万円

・通信費:1万5,000円

・趣味交際費:7万円

・その他雑費:3万円

合計:25万円

Aさんの食事は基本的に外食。趣味交際費で毎月7万円もの出費があるにもかかわらず、毎月10万円以上貯金に回せているので、非常に余裕がありますね。

Bさん(手取り37万円):既婚、子供ひとり の場合

・家賃:9万円

・水道・光熱費:2万円

・食費:5万円

・通信費:2万円

・その他雑費:3万5,000円

・お小遣い・趣味:4万円

・教育費:5万円

・保険料:2万5,000円

合計:32万円

既婚してお子さんがいると、状況が異なりますね。同僚との飲み会もたまにしか参加できません。

貯金は5万円とギリギリです。急な出費に備えて、もう少し貯蓄に回したいところですね。(削られるのはお小遣いでしょうか・・・)

お子さんが小さいうちは奥さんも働けないので、なんとかやりくりしていくしかありません

年収600万は高い!?年齢や男性、女性に分けて解説

年収600万は高い?

厚生労働省の調査によると、 世帯年収の平均は540万円程度とのこと。つまり、年収600万円の場合は平均収入より上ということになります。「中流階級の仲間入りを果たした!」と喜んでください。

年収600万という数字を、年齢別、性別ごとに見ていきましょう。

年齢別の平均年収

以下のグラフは、国税庁が開示している年代ごとの平均給与です。

男性の場合、40歳前後で年収600万円にのってくることがわかります。

男性は年齢が高くなるにつれ平均年収も高くなっていることがわかるでしょう。一方、女性は年齢による較差はあまり見受けられません。

理由としては、出産や子育てによりキャリアが途絶えやすい女性に比べ、男性にはそういった要因がないことが挙げられます。

また、50~54歳の層が最も高くなっていますが、これはおそらく管理職などの重役を担う年代が多いからだと予想できますね。

参考:国税庁「1. 平均給与」

男女別の平均年収 

国税庁のページによると、

 『1年間の給与所得者1人当たりの平均年収を男女別にみると、男性567万円、女性280万円』とのこと。

男性は女性の平均年収のちょうど2倍近くの水準になっています。

先ほどのグラフからもわかるように、男性は年齢があがるにつれ年収もあがる傾向が強いです。

一方で女性は10代を除いてはほぼ横ばいですね。

結論として、あなたが男性で40代であれば、年収600万は平均的水準。まだ30代であれば高収入であることになります。女性で年収600万と言うと、年代に関係なくかなりハイクラスの方ですね!!職業としては、行政書士、社労士、秘書、通訳、コンサルタント、医師クラスの方が該当します。

参考:国税庁「1. 平均給与」

年収600万の男性と結婚しても大丈夫?

さてここで、女性の皆さんが気になるのは

「年収600万の男性と結婚しても大丈夫なの?」

ということではないでしょうか?

とある結婚相談所が「結婚相手に求める理想の年収は?」というアンケートを行いました。

対象は20~30代女性200人です。

その結果はこちら。

「結婚相手に求める理想の年収は?」というアンケート

1位:500〜599万円・・・21.3%

2位:600〜699万円・・・20.9%

3位:400〜499万円・・・17.5%

600万円は2位にランクインしています。思ったより女性の皆さん現実主義なんですね。「3平(※)」なんて言葉が婚活業界で流行りましたが、まさに世相を反映した結果でした。

(※3平)「平均年収」・「平凡な外見」・「平穏な性格」の男性を指す

しかしお相手が年収600万円の場合、フルタイムでないにしても女性自身も働き続けることが望ましいでしょう。

収入を上げるためには?

収入を上げるためには

副業をはじめる

働き方改革の一環として、2018年1月に厚生労働省が『副業・兼業の促進に関するガイドライン』を作成しました。

『モデル就業規則』から副業禁止の規定を削除し、副業及び兼業を認める規定を追加したのです。

これにより、事実上副業は法律で禁じられていないということになりました。

最近はクラウドソーシングサービスやポイントアプリなど、手軽にお小遣い稼ぎができるものが増えましたよね。webデザインやHP作成など、仕事で得たスキルや知識を活かせる副業もあります。また、女性でハンドメイド作品を作るのが得意な方であればフリマアプリで販売してみるのも良いでしょう。

会社で副業が禁止されていないのであれば、副業にチャレンジしてみるのはおすすめですよ。

思い切って転職してみる

収入アップを望むのであれば、転職してみるのも手です。

まだ20代前半であれば今の企業で成果を出すことに専念した方が良いです。そうではなく、「30代になったからキャリアップ・キャリアチェンジをしたい」、「今いる企業では給料が上がらなそう」という方もいらっしゃいますよね。

そのような方はぜひ転職を視野に入れてみてください。
以下は登録無料の転職エージェント/転職サイトですので、是非ご活用ください。

年収アップのために登録しておきたい転職エージェント

  • 業界No1!転職者の8割が利用する定番エージェント!非公開求人はなんと約10万件保有!エージェントとの面談で希望条件を的確に伝えよう
  • 国内最大級の紹介実績を誇る老舗の転職エージェント。10万件以上の豊富な求人から、あなたに最適なキャリアアップを目指せる!
  • 年収600万以上のハイレベルを目指す方の登録は必須!企業からのスカウト機能が充実しているので、大手企業からのスカウトが貰える可能性も!
  • 20-30代に強い転職エージェント。経験の浅い方や異業種への転職も、業界専任のエージェントがフォローアップしてくれる!

まとめ

また、一口に『年収600万』といっても、独身の場合、配偶者や扶養家族がいる場合でその生活レベルも様々です。

独身のうちは非常に余裕のある暮らしぶりでした。しかし年収600万円が男性の40代前後という事実を考慮すると、これから結婚を考える方もいらっしゃるかもしれませんね。いざというときに慌てないように、今から準備しておくことをおすすめします。

生活スタイルを見直して出費を減らす、貯金をする・・・

こういった選択肢も検討してみると、あなたの人生はより豊かなものになることでしょう。

 

転職エージェントおすすめ3 転職エージェントおすすめ1転職エージェントおすすめ2転職エージェントおすすめ3