【2021年】20代が使うべきおすすめ転職サイト厳選4社を徹底解説!

20代が使うべき転職サイト厳選4社

20歳代という若さで転職を考える場合、将来への夢と希望がある反面、大きな不安も抱えている人が多いことでしょう。

この記事では、おすすめ転職サイトをご紹介するとともに、その活用方法や注意点などについて詳しく紹介していきます。
この記事を読むことにより、転職に際しての不安が解消され、また万全の準備を行うことで、しっかりと転職を成功させることが可能となります。

筆者がおすすめする20代が使うべき転職サイト厳選4社を紹介!

筆者おすすめの20代が使うべき転職サイト

まず最初に、今回筆者が特におすすめの転職サイトを厳選して4社ご紹介します。転職を考えている、また、転職を考えていなくてもどんな企業があるのか見てみたい!という方も登録は無料で出来ますので、是非一度ご登録ください!

20代での転職に際して是非参考にしていただきたいと思います。

doda

dodaは、大手就職支援企業であるパーソルキャリア社が主催する、転職者満足度No.1を誇る最大手転職サービスサイトです。

doda圧縮

dodaのココがすごい!!

「条件は今よりいい会社」というテレビCMでも話題となったdodaは、転職業界で最大手の規模と実績を誇る転職支援サービスです。

全国の大手や優良企業をはじめ、約10万件というトップクラスの求人数から、それぞれの転職者の希望に応えていく中で、満足度はNo.1と評価されています。

経験豊富なアドバイザーの対応も高い評価を得ており、コロナ禍の中でも利用者が増えている、信頼できる転職サービスです。





マイナビエージェント

マイナビエージェントは、転職業界大手のマイナビが運営する、20~30代の転職成功率No.1を誇る転職エージェントです。

転職お申込み

マイナビエージェントのココがすごい!!

マイナビエージェントは、全国の企業との太いパイプを持ち、独占求人80%を有する大手転職エージェントです。

長年の実績を活かして、全国の多くの企業と太いパイプを築いており、通常の転職サイトでは出会えない好条件求人が多いのが特徴となっています。

20代~30代の若手人材に特化しているため、キャリアアドバイザーの質も高く、5年後~10年後を見据えた転職が可能です。




ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代に特化した転職エージェントで、職歴・学歴不問の求人を多く揃えています。

ハタラクティブ圧縮

ハタラクティブのココがすごい!!

求人の50%以上が上場企業のため、未経験からでも一流企業に入れるチャンスがあり、また職歴や学歴不問のため20代の若い求職者におすすめです。

現状より安定した生活を手に入れたい20代の方には絶対おすすめです。

60,000人以上のカウンセリング実績を誇るアドバイザーがマンツーマンで行う転職サポートで、内定率は驚異の80%を誇っています。




マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、マイナビグループ唯一の24歳~29歳を限定対象とした専門転職エージェントです。

マイナビジョブズ圧縮

マイナビジョブ20’sのココがすごい!!

20代中盤から後半の人材に特化し、「ここだけの求人」が多い転職エージェントです。

各企業とのパイプの太さを活かした、同社だけの好条件求人案件が豊富で、 年間17,000人以上の転職者が利用しています。

特に第二新卒やキャリアアップを目指す20代後半の方の転職に強いため、転職を考えているならまずは無料相談をおすすめします。




【注意】転職サイトを使う上で絶対に気を付けること

転職サイトを使う上で気をつけるべきこと

豊富な実績と経験を有し、また膨大な紹介案件を抱える転職サイトですが、利用する際にはそれなりに気をつけるべきポイントがあります。

これについて解説します。

ネットの情報を信じすぎず、社員と直接話をすること

20代で転職を考える場合、効率的に転職先企業を探すには、まずネット上で有力転職サイトの情報を収集・分析し、自分の希望に沿った案件を確認して応募することが一般的です。

特に20代の若い求職者は、年配者に比べるとネットリテラシーも高いため、独自にかなり詳細な内容や項目までチェックし、様々な条件などを比較検討して志望企業を選択することになります。

ところが、情報源をネットだけに依存するのは危険な側面もあります。

やはり企業は人と人との関係によって成り立っているので、ネットで得た情報が現実の職場でそのまま当てはまるとは限りません。

自分の知り合いや先輩、元同僚など、志望する企業にコンタクト可能な人脈があれば、是非直接会話し、生の声を聞いて具体的な状況を確認することが重要です。

ネットでの情報の真偽について、肌感覚として確認することができるため、人的チャネルがあれば活用すべきです。

転職サイトは一人で見ても良いが、決断する際は誰かに相談すること

有力な転職サイトで様々な情報を確認し、転職へ向けて準備を進めることは大切です。

その上で、前述したように、ネット上の転職情報だけでなく、知己などの人脈を活用して現場の状況を確認し、総合的に志望企業への評価を確定させていく作業が必要となります。

そして、いざ転職を決断する際、情報源として活用した転職サイトの情報を自分一人だけの判断で確定するのではなく、可能であれば信頼できる第三者に相談し、本当にその判断が妥当かどうか確認することが重要です。

最終決断に当たっては、客観的な判断を加えることによって転職を成功させる確率が一層高まります。

調査する企業は必ず数十社見ること

転職活動にあたり、自分が志望する企業の選択肢は出来るだけ多いことが望ましいです。

志望先の企業には、それぞれ特有の状況があり、自分に合っているかどうか、適正があるかどうか、将来性はどうか、処遇面はどうか、など、様々な検討項目があります。

こうした多岐にわたる検討項目を比較する際、わずか数社だけの検討では情報が不足しています。

自分の将来をかけた転職活動なのですから、比較検討する企業は最低でも数十社はチェックすることが必要です。

そうした綿密なチェックを通じて、自分に最適な志望企業が浮き彫りになってくるでしょう。

転職サイトの登録も一つだけでなく複数登録すること

転職を考えて行動する際、まずはネット上での各種転職情報を研究します。

その際、今回推薦した優良転職サイトをはじめ、自分が信頼できると思った転職サイトには一つだけでなく複数登録し、転職サイトごとの求人情報も比較検討すべきです。

複数のサイトが類似の企業案件を推薦していることもあり、詳細な条件面などについてどのサイトが信頼度が高く、成果を得られるか確認することが大切です。

多岐にわたる情報源を整理分析し、最終的に最も的確な判断を行うよう心がけたいものです。

自分にあった転職サイトを選ぶための3つの基準

自分にあった転職サイトを選ぶための3つの基準

20代で転職を志す場合、やはりネットリテラシーの高さを活かし、自分の経験や実績、人脈が十分でない部分を補うことは当然のことでもあります。

そうした際に、転職サイトを中心に活用することとなりますが、自分に合った転職サイトを選ぶための基準について解説していきます。

1. やりたいことが決まっているか

20代の若さでの転職には様々な高いハードルがあります。

そうした状況下でも、転職に際してしっかりとした目的やビジョンがあり、自分のやりたい仕事が明確になっている場合には、対象となる業界やキャリアといった専門分野を深堀りして対応が可能な転職エージェント(特化型エージェントと呼ばれることがあります)を利用することをおすすめします。

ここ最近のコロナ禍状況では、業界や年代によって転職の難易度が大きく異なっているので、転職先の業界が明確に決まっている場合や、第二新卒に特化したサポートを受けたい場合には、特化型エージェントを活用すべきです。

特化型エージェントでのおすすめサイトとしては、IT業界に特化してIT・WEBエンジニアの求人をメインに紹介するレバテックキャリアや、外資系企業に強みを発揮するエンワールド・ジャパンなどが挙げられます。

2. すぐにでも転職したいか

やりたいことや目標がしっかりと定まっており、すぐにでも転職を希望したい場合には、上述したような転職サイトの活用が効果的です。

その一方、転職を考えているけれど具体的な方向性が漠然としていたり、業界にこだわりがなく、とりあえずキャリア相談したいなどといった状況の場合は、幅広い案件を豊富に提供可能な総合型転職エージェントの活用をおすすめします。

具体的には、大手人材企業・リクルート社が運営するリクルートエージェントや、パーソルキャリアのdodaエージェントなどが挙げられます。

また、若年層向けのサポートに強いマイナビジョブ20’sも有力なサイトです。

総合型転職エージェントは求人数も多く、広範な案件の中から自分の希望条件に合った職場を見つけることができます。

対象となる業界・職種が広いので、転職サイトに所属するキャリアアドバイザーとの面談などを通して、自分では今まで意識していなかったけれど、こういう仕事が向いているかもしれない」といった、新たな発見も期待できます。

こちらに筆者厳選のおすすめ転職エージェント一覧を記載しており、多くの方にお役立ていただいてますので是非ご覧ください。

【2021年最新】IT転職に強いおすすめ転職エージェント11選!

3. キャリアアップを狙っているか

20代での転職は、今後長い期間を社会人として歩んでいくための最初のキャリアアップの機会でもあります。

30~40代の年代となり、一定の実績や経験を積んだ後にキャリアアップを目指す場合と異なり、20代での転職に際してキャリアアップを目指す場合には、大手エージェントを選択すべきです。

その主な理由としては、全国的に事業展開している大手エージェントは保有求人数も多く、登録するだけで自分が志望する企業の選択肢を増やせることが挙げられます。

特に、ここ最近の現状として多くの企業が採用を控えつつあるコロナ禍にあっては、選択肢の多さが転職の成功に直結するので、前述したように、まずはできるだけ多くの求人情報を得ることが最優先となります。

また、転職支援実績が豊富な大手は、選考通過に関する実用的なノウハウが蓄積されており、個別・具体的なアドバイスを受けることが可能です。

もちろん、大手サイトと比較した場合、中小企業が運営するエージェントは、一人あたりのサポートが手厚くなるなどの点で多くのメリットを有しています。

しかし、大手サイトと比べると求人数やサポート内容が心もとない場合もあるので、キャリアアップを図る場合には大手を選ぶことが大切です。

具体的にはdoda マイナビエージェント がおすすめです。

まとめ~筆者が本当におすすめする転職サイトを紹介【2021年】~

今回は、20代の若手社員が転職を考える際のポイントと、おすすめ転職サイトなどについて解説してきました。

しっかりした実績と経験、また有効な求人案件を豊富に抱える有力転職サイトとして、具体的にdoda、マイナビエージェント、ハタラクティブ、そしてマイナビジョブ20’sの4つをご紹介しました。

もちろん、この他にも本文で取り上げたレバテックキャリア、エンワールド・ジャパン、リクルートエージェント、またハイエンド案件を多数抱えるビズリーチ、type転職エージェントなど、それぞれの特徴を活かした有力転職サイトは他にも多数あります。

20代で転職を志す場合、まずは今回紹介したような有力転職サイトで求人案件を徹底的に、また可能な限り多数チェックし、当該企業の現況や処遇・待遇、将来性やビジョンなどを細かく比較検討することが大切です。

また、転職の目的が明確で時期も早期なのか、業界や業種を絞り込めているのか、その逆に、転職への意識がまだ漠然とした状況なのか、将来のキャリアアップを目指しているのかなどについて、況に応じて適切な転職サイトを選択することも必要となります。

その上で、自分の視野だけではなく、置かれた環境を共有できる信頼すべき友人や先輩、知己などのアドバイスにも素直に耳を傾ける努力を重ねることも大切です。

転職は大きな決断です。特に若い年代での転職には希望がある反面、リスクもあります。

様々な情報をしっかりと吟味した上で、是非転職を成功していただきたいものです。