30代のベンチャー転職で絶対失敗しない秘訣を分かりやすく解説!

会社に入ってから経験を積み、30代になり一通り仕事がこなせる様になった時に頭をよぎる「転職」。今のまま同じ会社で働くことに違和感を感じる人も多いでしょう。この記事ではベンチャー企業でもっと自由に働きたいけど一歩踏み出せずに迷っている人に向けてベンチャー企業への転職を成功するための秘訣を徹底的に紹介していきます。

ベンチャー転職で後悔しないために注意すること5選

転職は一度してしまえば、再転職するのは時間的にも体力的にも難しいでしょう。この項目では転職で後悔しないためにベンチャーならではの注意しておきたいことを理由と共に解説していきます。

 応募企業数は多い方が好ましい

応募企業数が多いと必然的に様々な企業を知ることになります。その際、たくさんの企業を比較できるため、より自分に合った企業を見つける事ができ、ミスマッチの確立も減らせます。また、応募企業数が多いと企業からの連絡待ち等の時間を短縮出来るので転職中の期間を短く出来るといったメリットもあります。

 自分自身が変化に対応できる人間かを再考

会社が変われば今までの自分のルールが全く通用しなくなるケースもあります。なので現在勤めている会社の常識は捨ててから転職する必要があるでしょう。どんな企業にも少なからず特有の文化やルールがあるので、転職してすぐに対応できるか再度考えてみて下さい。

 現在の会社と比較した待遇を調査

転職活動をしていると「転職しなくてはいけない」と思えてきますが本当に今の会社より待遇が良くなるかしっかりと比較しましょう。自分にとって譲れないものは何なのかを再確認して本当にその会社がベストな選択なのかを見極めましょう。

 「即行動」すること

現在の日本は終身雇用制は難しいといわれています。かつてのように新卒から定年まで同じ会社で勤め上げるケースは、これからさらに減少傾向になっていくでしょう。一般的に転職が不自由なく出来る年齢の上限は平均的に35歳前後とされていましたが転職への敷居が下がったことにより年齢に関係なく自由に転職できるような時代になりました。

つまり、30代で転職しても次の会社で定年まで働く可能性は低いと考えた方がいいでしょう。これからはたくさんの会社で広い経験、知見を獲得している人の方が転職先では重宝されます。特にベンチャー企業を狙っているのであれば一般的な企業よりも業務内容の幅が広いのでスキルアップのチャンスは多いです。

 大企業で働いてた!というブランドは捨てろ

大企業で働いた経歴があっても、その会社でどんな事を成し遂げて今の自分がどれだけ転職先で活躍できるかを説明できなれば大企業で働いていたブランドは意味を成しません。最悪の場合は、大企業の名にあぐらをかいて、転職活動、就職後に痛い目に合う可能性もあります。

会社のブランドだけで、その人がどんな人なのかを判断するのは難しいので「大企業で働いていた」ではなく「大企業でどんな仕事をしてきた」のかを考えて強みを生かせる転職先を探しましょう。

【重要】30代のベンチャー企業転職で考えるべきポイント5選

ベンチャー企業にも多種多様な転職先があります。どこの企業に転職するかは今後の人生を大きく左右する可能性もあるので慎重になりますよね。しかし企業情報を見ていても情報が多すぎて本当に大切な転職先の選考ポイントを見落としがちです。なのでこの項目ではベンチャー企業への転職で考えるべきポイントを紹介していきます。

ネットではなくて実際にもらえる給料をきちんと調査する

転職先で期待していたほど給料がもらえなかったケースは非常に多いです。ネットで調べた情報を鵜呑みにして給料の見込みを立てるのは絶対にやめておきましょう。

便利なインターネットですが嘘の情報もたくさんあります。ベンチャー企業への転職を考えていて給料が不安なのであればネットの情報はアテにせず、その会社で実際に働いている人の生の声を聞くのが確実でしょう。働く上で給料は重要なポイントなので妥協せずに調べる必要があります。

30代でベンチャー転職した後を考える

先程の項目でも説明しましたが次の転職が最後の転職になる可能性は非常に低いです。直近の転職だけではなく将来の事を考えてから転職先を考えましょう。転職先で得られるスキルや経験が、今後の自分の人生にプラスになるかどうか、ベンチャー転職をした後にどんな事をしたいのかを明確化できていないと後々後悔することになるでしょう。

人生100年時代に突入しており、、30代での転職でも、まだまだ現役で働く時間はたくさんあります。最終的に自分がどんな仕事がしたいか決まってない人も目先の転職先の事だけ考えるのではなく、転職後のこともしっかりと考えておきましょう。

転職後の給料でキャッシュフローを考える

ベンチャー企業への転職の際は転職先で貰える給料で自分の生活がどうなるか、どう変わるのかを先に計算しておくことが大切です。自分の生活費が毎月いくら掛かっているか細かく把握しておくと転職先に求める最低限の年収も計算できます。

もしかすると転職先でもらえる給料では今の生活基準を下げないといけなくなるかもしれません、転職してからマネープランを組んでいては困った時に、どうにもならないので転職する前に自分が生活する上で必要な年収を知っていると安心です。

ベンチャー企業に転職する本当の目的を忘れてないか

自分がなぜベンチャー企業に転職したいのか見失っていませんか?やりたい仕事を自由にするため、もっと大きな金額を動かしたい、今の会社の制度や年収に不満がある等、転職する目的は人によって違うでしょう。

数ある転職先を探しているうちに目的を忘れてしまって自分が転職できそうな会社を探していたら、もう一度よく転職する意味を再確認してみて下さい!いつの間にか転職することが目的になってしまって転職先で今と同じ不満を抱えてしまっては時間の無駄です。転職を成功させるには強い目的意識を大切にしましょう。

【後悔】ベンチャー転職で失敗・後悔の事例4選

やりたい事を実現させたり、不満を解消したり期待して転職しても「こんハズじゃなっかた」と後悔してしまう場合もあります。よくある転職の失敗パターンを紹介していきますので自分に置き換えて考えてみてください。

 社員の生の声や実際の評判を聞かなくて失敗

転職を成功させるためには実際に働いている人の声を聞くのが非常に重要です。残念ながら企業HPや会社説明会で見たり聞いたりした情報が100%正しいとは限りません。

狙っている企業の現役で働いている人の声を聞くのが一番理想的です、難しいようであれば過去に実務経験があったり取引経験があるような人の本当に信頼できる生の声や実際の評判をリサーチしておきましょう。

残業が多くてすぐに退職してしまった

ベンチャー企業の特徴として残業の多さがあります。人手が足りていない等の理由により急な案件を任されたり、転職前には聞いていなかった業務が発生したりと想像よりも残業が多くて早期退職してしまう人もたくさんいます。

残業がどうしても出来ない理由があるのであれば、面接や就職エージェントとの面談で事前に伝えておきましょう。もちろん全てのベンチャー企業で残業が多い訳ではありませんが、業務の幅が広かったり一人一人の責任能力を高く求められる傾向があるのは事実です。よほど能力に自信がない限りはベンチャー企業に転職するなら、ある程度の残業は覚悟しておく必要はあります。

自分なら出来る!と大勘違いし、企業調査に注力しなかった

今の会社でどれだけ高い評価を受けていても転職先で同じ結果になるとは限りません。転職先のベンチャー企業で通用するはずだったスキルが全く通用せず現実に耐えられなくなってやめてしまうケースもあります。

今までにどんな結果を残しても転職すれば全く勝手が分からず苦労するケースもあります。自分の能力を正確に分析して転職先で活躍できるか冷静に判断しましょう。

また、それを防ぐためにも客観的な判断が必要であり、自分だけで結果を出さずに第三者目線に立って考えれる人に相談するのも方法の一つです。

【重要】転職時期が遅すぎた、、、

理想の転職時期は人によって違ってきます。だからこそ早めに決断しなければ時期を逃してしまいます。40代になってからの転職では基本的には管理職の求人のみと考えていいでしょう。なので管理職の経験が未経験で40代の人は転職時期を逃してしまい後悔している人が多くいます。

焦って転職して本来の目的を見失っては本末転倒ですが、ダラダラと今の会社で時間を過ごしてしまうと本当に行きたい企業にいくチャンスを逃してしまいます。転職時期の見極めは難しいですが年齢が上がるにつれて年収も上がっていくため、それに見合ったスキルを持ち合わせているかも選考の対象になるので注意が必要です。

30代ベンチャー転職を成功させるための秘訣5選 

転職は企業に入ることが成功ではなく現状で抱えている目的や不満を解決して本当の成功になります。次に実際にベンチャー企業で結果を出していく時の秘訣を紹介していきます。ベンチャーへ転職する前から転職後の事を意識して働けなければ、目的の達成は難しいです。転職をまだ本気で考えていない人もタイミングが来たらすぐに動き出せるように今のうちから意識しておくといいでしょう。

視野を広く持つこと

ベンチャー企業で働きたい人は広い視野を持つ必要があります。手が回っていない業務や始めたての事業では広い視野で柔軟に仕事をこなせる人材が歓迎されます。一つの会社でしか働いたことのない人には無い多角的な方向からのアイディアを出せるように心がけましょう。

広い視野を持って働くことはどこの会社でも結果を出すためには必要です。苦手意識のある人は自分の考えだけではなく一緒に働いている人の考えを素直に汲み取り、更にアイディアをブラッシュアップしていきましょう。

実際にその会社で働いてる人の声を聞く

やはり実際に働いている人の意見は重要です。その会社に入ってみなければ分からない事も多々あるので、もしベンチャー転職したい企業の話を聞けるのであればしっかり耳を傾けましょう。

特に年収、給料の上がり幅や会社の風土等は入社している人しか分からない事も多くあります。聞きづらい事かもしれませんが入ってから後悔しないためにも生の社員の声が聞ける人は聞いておきましょう。

この転職はゴールではなくスタート

転職は目的を達成するためのスタートです。転職活動で燃え尽きてしまっては意味がありません。ベンチャー企業では入社当日からたくさんの業務を任されることも充分に考えらえます。どんな仕事を任されても応えれるように準備する必要があります。

転職してすぐに大きなチャンスがいきなり到来する可能性もあるので狙っているベンチャー企業が今期どんな状態なのか、どんな人材を求めているのかをリサーチしておくといいでしょう。

どこの企業でも自発性がある人は歓迎されます、初日から自分で仕事を作っていく姿勢を持って働きましょう!

自分一人で考えずに誰かに相談する

転職の悩みは尽きません。特にベンチャー転職であればより不安も大きいと思います。そんな時に一人で悩んで解決出来なければ誰かに相談しましょう。同じ会社の人でも全く業界に関係ない友人でも相談すれば的確なアドバイスをくれるかもしれません。

誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちがリフレッシュされて、また違う考えが湧き出てくるかもしれないので気軽に相談できる人に話を聞いてもらいましょう。

事前調査は絶対に怠らない! 

転職はどれだけ事前調査をしているかで成功率が大きく変わります。一か八かの転職では目的は達成されず不満も解消できないでしょう。

事前調査は手探りで不安が募るかもしれませんが、徹底的に自分の転職の本来の目的とそれが実現出来そうな企業を調査しましょう。転職には多大な時間と体力を使うので失敗した時のリスクも大きいです。そうならないためにも、友人や転職エージェントに相談するのも一つの手です。

まとめ ~30代のベンチャー転職で絶対失敗しない秘訣を分かりやすく解説~

ベンチャー転職で失敗しない為には将来のキャリアも含めて自分に合ったベンチャー企業を選びましょう。企業HPや説明会での情報を鵜呑みにして、自分でリサーチをしなければ転職してから後悔するかもしれません。また、一人で悩まず誰かに相談することが大切です。

いつの間にか転職することが目的になっていないか、自分の本当の転職の目的はなんなのかを常に意識しましょう。転職はスタートラインですのでベンチャー企業に転職した後すぐに戦力になれるように足りていない能力の勉強も欠かさないようにしておくと周りと差が付きやすいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ここまでにベンチャー転職で失敗しないために必要なポイントを紹介していきましたが重要なのは「リサーチ」と「行動する」ことです。

なんとなくで転職先を決めていれば必ず転職は失敗します。転職する前にどれだけリサーチして準備できるかで今後のキャリアが決まるといっても過言ではありません。入社してから後悔してまた転職活動をするのは時間と体力の無駄になるので、ちゃんとリサーチしてから転職した方がいいでしょう。

転職する人もしない人も視野を広く行動し続けることは、どんな企業にいても今後の業務の糧になります。人生100年時代やりたい仕事を思い切りする為にも我慢して働かないためにもベンチャー企業への転職は勇気が必要ですがチャンスでもあります。

本当の意味で皆様のベンチャー転職が成功する事を心より願っています。